頭痛薬-頭痛に悩む女性必見!花粉症やアレルギー薬との飲み合わせ

頭痛薬

日本人の多くは、性別年齢関わらず頭痛に悩んでいる方がとてもいます。そんな事もあってか、数多くの種類の薬が販売されていて、それぞれの製品に特徴があり、効能も変わってきます。たくさんある薬の特徴を知って使わないと症状に合わせた効果が出ませんので、頭痛薬の選び方も学ぶ必要があるでしょう。

Q:頭痛薬の主な副作用とは何ですか?
A:これらの商品の主な副作用は、胃腸障害で、胃の粘液の分泌量を減らしてしまい、胃潰瘍や胃炎になる恐れがあるので、食後の服用が推奨されています。

Q:頭痛の薬を飲んではいけない時はいつですか?
A:他の薬との併用は当然ですが、飲酒後の服用は副作用が強く出る可能性があり、毒性も増してしまいます。また眠気が起こるので注意したいです。

Q:薬にアレルギーはありますか?
A:薬効成分以外にも市販されている物には、色んな添加物が配合されているためアレルギーが起こる可能性はあります。

スポンサーリンク

頭痛で悩むなら頭痛薬チェック

頭痛薬が効かない

頭痛持ちの人は頭痛のための薬を常備していると思いますが、これが効かない頭痛も存在しています。筋肉のコリで起こる緊張性頭痛、血管の炎症による片頭痛は、市販されている薬でも効くのですが、群発性頭痛では効きにくい事があります。群発性頭痛は、二次性頭痛と呼ばれ、他の病気によって起こされている可能性も高いからで、早く病院に行って診て貰った方が良いでしょう。

花粉症が原因の頭痛

花粉症が原因で頭痛が起きる事もありますが、そういう時は素直に頭痛薬を服用した方が良いでしょう。ここで注意したいのは、胃の弱い方で、花粉症が原因の場合だと春の時期は延々と痛い訳ですから、飲み続けなければなりません。ですから、胃薬を併用したり、体質に合った薬を処方して貰ったりする事をお薦めします。

アレグラと頭痛薬の飲み合わせ

春は花粉症の季節であり、アレルギー専用の鼻炎薬であるアレグラを服用する人もいますが、頭痛薬との飲み合わせはどうなのでしょうか。頭痛薬にも種類や配合成分に違いがありますから、総合感冒薬ではなく、鎮痛剤に特化した物だと抗ヒスタミン薬であるアレグラとの併用は大丈夫です。また薬の併用で、胃の不調を訴える人がいますから、服用する時間をずらしたり、胃に優しい薬に変えたりして工夫する必要はあります。飲み合わせで心配なら病院で相談するのが一番です。

インフルエンザと頭痛薬の服用について

多くの方が勘違いされているかもしれませんが、インフルエンザの時に頭痛薬は厳禁になります。この時に薬を飲んでしまうと、その成分によって、病気が悪化したり、別の疾患に罹ってしまったりする恐れがあるからです。このような時は頭を冷やすのが良いのですが、どうしても我慢できない時は病院に行き、対処の仕方を聞いてみて下さい。

頭痛薬とコーヒーについて

昔から薬を飲む時は、コーヒーやお茶では飲んではいけないと言われていました。その理由は、薬の効果を消したり、強めたり、毒性が増したりするからで、コーヒーに含まれるカフェインの影響になります。またカフェインを含んでいる事からコーヒーを飲んだら頭痛が軽くなったという話もありますけど、薬本来の力を活かす方法が無難でしょう。

<< 頭痛薬は正しく飲むのが一番 >>

噂話で他の物と一緒に服用したら効果が増す、飲み合わせて良い物など色んな話がありますが、説明書通りにそのまま服用するのが一番です。人それぞれの体質もありますので、他の人が良かったら良いという訳ではなく、自分に合っている物を選ぶ事が大事です。20代や30代といった若い人だと、人の情報に耳を傾けてしまいがちですが、正しい情報を持って、成分表示をよく読み服用するようにして下さい。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です