めまいと頭痛-病院は何科?下痢・立ちくらみ・吐き気・生理前など

頭痛 めまい

頭痛と同時にめまいに襲われる事はないでしょうか。この二つが同時に起こる原因はいくつかありまして、必ずしも重大な病気によるものとは限りません。薬の副作用や妊娠の症状、血糖値や血圧も関係していまして、正常な体の人や10代や20代といった若い人でも起こりうる症状になります。ですから、日々の生活の中でその原因を知り、不安になる事無く毎日を過ごした方が良いでしょう。

Q:めまいの種類はどれくらいありますか?
A:基本的なもので、周囲が回って見えたり、物が揺れて見えたり、目の前が暗くなったり、頭が激しく痛くなったりする4つになります。

Q:めまいを伴う頭痛で一番多い原因は何ですか?
A:一番の原因は偏頭痛である事が多く、同時に吐き気も催す事があり、生活環境やストレスや生理や疲れ等さまざまな原因で発症します。

Q:瞑想でめまいが伴う頭痛が起こるって本当?
A:瞑想や禅はいつもと違う呼吸法を用いて行なう事ですし、逆にストレスが体に掛かり、稀に起きてしまう症状になります。

スポンサーリンク

頭痛とめまいの症状をチェック

頭痛とめまいの症状と病院

症状や原因や病気により、病院や行かなければならない科が変わってきます。
・内科 高血圧
・耳鼻科 メニエール病、慢性中耳炎
・精神科 うつ病、神経症
・婦人科 月経前症候群、更年期障害
上記の他にも整形外科や脳外科など多数ありますが、どこに行けば良いか分からない段階でしたら、内科や脳神経外科に行かれるのが無難でしょう。

頭痛とめまいと下痢の症状

頭痛が起こるとめまいと同時に下痢も伴う場合があります。この二つが同時に発生する場合は、低気圧から来ているかもしれません。低気圧になると頭がふらふらしてしまう人は多く、血行にも作用し、腸の動きが悪くなり、下痢になってしまうのです。

頭痛とめまいと立ちくらみ

めまいや立ちくらみが伴う頭痛があるのでしたら、一度病院で診てもらうのも良いかもしれません。熱いお風呂から冷えた部屋に出た時、飲酒した時に血圧の関係で症状が出る人もいますが、そうではない時に起こったり、しびれが伴ったりした時は診てもらう方が良いでしょう。神経内科では、発作、自律神経障害、高次機能障害など色んな観点から調べてくれますので、原因が分かれば安心できるはずです。

頭痛とめまいと吐き気

めまいと吐き気が伴う場合は、通常の風邪による頭痛ではなく、ノロウイルスやインフルエンザの可能性があります。ウイルス感染症は、吐き気や下痢も同時に起こりますし、ひどい時は40度近い熱も発生し、ふらふらになってしまうでしょう。

生理前の頭痛とめまい

生理前にめまいを伴った頭痛が起こる人は、月経前症候群かもしれません。多くの女性が経験しているものであり、出産経験がある30代の人が最も多く罹っている病気だそうです。月経に合わせて症状が出ますので、辛い人だと毎月起こる事なので、とても大変だと思います。元々妊娠の初期症状として知られていますので、ホルモンバランスの関連性が高いのかもしれません。

<< 意外と知られていない頭痛を伴うめまいの原因 >>

立ちくらみ、しびれといった症状が伴っていると重大な病気の前触れかと不安になりますが、下記のような様々な原因があります。
・ストレスによる偏頭痛や自律神経の乱れから来るもの
・十分な栄養の補給や糖分不足による低血糖
・急激な血圧変化、高血圧の人だと脳出血・脳卒中の症状の可能性も
・インフルエンザなどの感染症
・薬の副作用
・ホルモンバランスの変化からくる妊娠の初期症状
このような原因がありますので、当てはまるかどうか考えてみて、気になる人は病院に診断して貰って下さい。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です