こめかみ部の頭痛-こめかみや目の奥が痛む、頭痛に悩む女性必見!

頭痛 こめかみ 目の奥

頭痛にはさまざまな種類が存在していますが、こめかみの部分が痛くなる場合は、偏頭痛である場合がほとんどです。特に、この症状は、成人した女性が発症しやすいと言われていまして、慢性的に続く場合が多いです。ひどいこめかみの痛みで、寝込んでしまう女性も多くいまして、普通に生活をする事が難しい人もいるのです。そういった事にならないためにも、早く病院に行って、診断して貰い、症状の緩和・完治を目指すべきでしょう。

Q:何故、女性は偏頭痛が多いのですか?
A:主にストレスから来る事が多いのですが、女性に起こりやすい原因は、女性ホルモンであるエストロゲンが影響していると言われています。

Q:こめかみの部分が痛くなる原因はなんですか?
A:ストレス以外にも寝不足などがありますが、一番は生活習慣であり、偏食やテレビやパソコンの光の影響によって、発症するとも言われています。

Q:どうすれば偏頭痛は完治するのですか?
A:生活習慣の改善やストレス発散など考えられる原因を取り除き、どうしてもこめかみの痛さが我慢できない時は鎮痛剤を用いて、改善させていきます。

スポンサーリンク

頭痛とこめかみの痛み、目の奥の痛みをチェック

頭痛-こめかみと目の奥の痛み

こめかみが痛くなる時に必ず目の奥も痛くなる人がいます。しかも毎日痛みが発生して、期間が決まっている場合は、群発頭痛の可能性が高いでしょう。数日から数ヶ月同じ時間帯に起きる頭痛であり、寝ている時でも発生する事が多い迷惑な症状ですので、原因である飲酒や喫煙は控えるようにしましょう。

肩こりと頭痛

肩こりがひどい人は、こめかみから目に掛けての痛みが発生している人が、とても多いです。その逆も言えて、トリガーポイントと呼ばれる患部とは別の離れた場所が原因になっている事があり、この部分の痛みは肩こりを治療する事で治る場合があります。このように肩こりで悩んでいる40代・50代の女性は、偏頭痛も持っている事が多いですから、トリガーポイントを治療する事で、二つ一緒に治す事ができるのです。

頭痛-こめかみの両方が痛い

偏頭痛と思いきや、頭部の両方が痛くなる場合があり、違う病気かなと診断して貰ったら、両方とも痛くなる場合があると言われるケースがあります。偏頭痛という名前もあって、必ず片方しか痛くならないと思い込んでいる人もいるかもしれませんが、そんな事はないのです。症状は従来のものと一緒ですから、頭部の痛みを感じにくくするために、冷やす等対処して、完治させていきましょう。

蓄膿の症状と頭痛

風邪や急性鼻炎が原因で蓄膿症に罹りますが、その主な症状に頭の痛みがあり、目の間やこめかみといった部分で特徴的なものとなっています。蓄膿症は症状が重たくなければ、鼻うがいや生活環境の改善で完治しますけど、念のために病院に行った方が良いでしょう。同じように限定的な箇所の痛みや目や頭にも痛みがあるものだと緑内障などの病気の可能性もありますので、注意していて下さい。

頭痛と熱の症状

今までと同じ痛みだけではなく、いつもと違う熱やめまいや吐き気があるのなら、脳疾患も疑って下さい。脳に関わる病気だと命の危険性もありますので、少しでも様子がおかしい、いつもと違うと感じたら、早めの対処が重要です。熱を発する頭の痛みは通常だと起こりにくい事ですから、同じ痛みでもしっかりと覚えておく事も大事です。

<< こめかみの痛みでも種類はさまざま >>

同じこめかみの痛さでも、脈打つ痛さ、締め付ける痛さ、目の奥の激しい痛み、鼻にも症状が出る場合、発熱が伴う痛さ等それぞれが違う症状なのです。これらの違いを知っているだけでも症状が出た時にすぐに対処できます。高齢が近づいてくると色んな病気に罹る可能性が上がるので、特に気を付けたい所です。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です