頭痛と吐き気の症状チェック!吐き気を伴う頭痛と病気や生理の関係

頭痛,吐き気,症状

頭痛がする。吐き気がする。頭痛と吐き気の症状が一気にやってくる。吐き気を伴う頭痛は非常に辛いです。仕事や家事が手につかなくなるなど、頻繁に起こる場合は最悪です。頭が痛いだけではなく、吐き気などの不快な症状が一緒に現れる原因は何なのでしょうか?病気や生理は関係はるのでしょうか?

スポンサーリンク

頭痛と吐き気の疑問

頭痛,吐き気

■ 頭痛と吐き気が同時に起こる原因は?
□ 頭痛の中でも片頭痛と呼ばれるタイプは、吐き気と同時に起こる症状もあるようです。強いストレスや眼精疲労などによって引き起こされると言われています。

■ 同時に起きた場合の対策は?
□ 鎮痛剤を飲むというのが手短な方法ですが、強い光や音などの刺激を避けて薬が効いてくるまで体を休めるのが大切です。車の運転中など鎮痛剤を飲めない場合には、濃いコーヒーを飲むと良いようです。

■ 吐き気を伴う頭痛が起きやすい時期は?
□ 強いストレスにさらされた時や、長時間のパソコン作業の後、また女性の場合は生理の周期などによっても起きやすい時期があるようですから、片頭痛持ちの肩は頭が痛くなった時間帯やどういう状況で起きたのか(長時間の会議の後に起きた等)を日記にして残しておくと医師に相談する時に役に立ちます。

吐き気を伴う頭痛をチェック

吐き気 頭痛

頭痛と吐き気と病気

慢性的に頭の痛みが続く、吐き気やたまに我慢できないような痛みに襲われるという場合には、危険な病気が隠されているかもしれません。定期的に健康診断は受けていても、お金もかかるし詳しい検査をしていないという方は注意をしましょう。頭痛が起きる怖い病気には、脳梗塞やくも膜下などがあります。いつもと違って割れるような痛みや吐き気が伴う場合には、放っておかずに病院で検査を受けるようにしましょう。

肩こりと頭痛と吐き気

パソコン作業や細かい作業を長時間続けると起こる肩こりも、頭が痛くなる原因になります。肩や首の筋肉が緊張すると頭に流れこむ血流が悪くなることが原因で起き、頭の痛さと吐き気が伴う場合もあります。肩や首回りの筋肉をつける、温めて血行を促進するなど対策をしましょう。

頭痛と吐き気がひどいなら病院へ

風邪をひいた時、疲れた時などによく起こるのが頭痛ですが、慢性的なタイプは放ってそのままにしておくと仕事や生活に支障が出て厄介です。最近では、専門の外来がある病院も増えてきたので、何年も鎮痛剤に頼っている方や慢性的な頭の痛さに悩まされている方は訪れてみてはいかがでしょうか。

微熱を伴う頭痛と吐き気

微熱が伴う頭の痛さや吐き気が続く原因は、様々な病気が考えられます。脳炎や感染症などの病気の場合もありますし、自律神経失調症やうつ病などの精神の病気の場合にも微熱と頭痛、吐き気が伴うケースがあります。原因がわからないとどこの医科を訪れたら良いのかわからないかもしれませんが、まずは病院の頭痛外来を尋ねて原因を探っていきましょう。

生理前の頭痛と吐き気

女性は生理の周期によって免疫が下がって風邪をひきやすくなる、体調が崩れる、頭が痛くなるなどの症状が出てくる方もおられます。月経前症候群(PMS)と呼ばれる、生理の前1週間ぐらいから現れる不快な症状の中にも、吐き気、精神の落ち込み、胸の張りなどとともに頭が痛くなるという方もおられます。生理前の月経前症候群の対策には、漢方薬やピルなどが処方されることがあります。

定期的におこる頭痛は頭痛日記を

仕事に育児に人間関係と強いストレスにさらされる現代人には、鎮痛剤が手放せないという方も多いかもしれません。頻繁に起こる頭痛も、起こった日時や状況を記録していると、ある一定の条件の元で頭が痛くなるという状況が見えてくるかもしれません。定期的に頭痛が起こるという方は、日時や起こった状況を記録しておくようにしましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です