頭痛の原因-ストレス・スマホ、痛みの場所と原因、嘔吐を伴う頭痛

頭痛 原因

仕事中や車の運転中など所かまわずに襲ってくる頭痛は、老若男女が抱えている厄介な病気です。慢性的に症状に悩まされていて、薬が手放せないという方もおられるようです。頭が痛くなる理由は様々な事が言われており、現代人には必須であるパソコンやスマホ、生活習慣やストレス、また鎮痛剤に依存しすぎていることが要因となっている事もあるようです。頭が痛くなる原因を探って健やかな日々を取り戻しましょう。

Q:頭が痛くなる原因には何がありますか?
A:頭痛の種類には緊張型、片頭痛、群発頭痛があり、要因には精神的なもの、身体の病気、筋肉の緊張が引き起こすものなどがあります。

Q:痛みを感じる場所によって原因は違いますか?
A:こめかみ、目の周囲、首の周囲が痛くなるのが片頭痛、目の奥が差し込むように痛くなるのが群発頭痛、そして首や後頭部に痛みを感じるのが緊張型と言われています。他にも、くも下出血や脳梗塞など怖い病気が原因の場合もあります。

Q:鎮痛剤を飲みすぎていると効かなくなる?
A:薬を飲みすぎると、痛みを感じる中枢神経が過敏になり、ますます薬を乱用してしまうという悪循環に陥り、最終的に飲んでいる薬が効かなくなってしまうことがあります。

スポンサーリンク

頭痛の原因をチェック

頭痛の場所と原因

起こる場所や症状によって、片頭痛なのか、緊張性なのか、それとも群発型なのかが大まかに判断できるようです。パソコン仕事などを長期間続けていた後や、緊張状態が続いた時に起こる頭の痛みは緊張型と呼ばれており、後頭部に痛みを感じる事が多いようです。

スマホは頭痛の原因に

電車の中でも、喫茶店でも、夜寝る前にベッドに入ってからでも長期間スマホを触っている現代人は多いのではないでしょうか。最近はスマホを長期間利用することの弊害が喚起されており、不眠症や頭が痛くなる原因にもなると言われています。とくに、スマホを使った時に起きる頭の痛みは、電磁波過敏症や緊張型という場合があります。頭が痛くなってしまう場合には、使用する時間を短くするなど対策が必要です。

女性特有の頭痛の原因

女性の頭痛の原因には、月経周期によるホルモンバランスが大きく影響することが多いようです。女性の場合は毎月の月経だけではなく、妊娠や出産、そして閉経に向かっての更年期障害などでもホルモンバランスが乱れ、様々な不快な症状が出る事があります。

ストレスが頭痛の原因に

ストレスは人間の身体に様々な悪影響を与えますが、そのひとつに睡眠や発汗、ホルモン、代謝などを整える働きのある自律神経にも影響を与えます。この自律神経の働きがストレスによって乱れると、朝起きて夜眠るというリズムが崩れて不眠症になってしまうことや、ホルモンバランスが崩れることが原因で頭痛を引き起こすこともあります。

嘔吐と頭痛の関係

嘔吐を伴うような激しいものには、発作のように起こる片頭痛があります。頭の位置を動かすと痛みが増すことが特徴で、脈拍にあわせてズキンズキンと痛みという特徴があります。

<< 現代人に特徴的な頭痛>>

現代人は仕事などで、パソコンやスマホなどの電子機器をずっと触っていなくてはいけない人が多く、これが頭痛の原因になっているという方も多いようです。頭が痛くなるからと言って、仕事でパソコンを使わないというわけにはいきませんから難しいところですよね。自分で購入して飲んでいる鎮痛剤を飲みすぎて依存となっている場合もありますから、鎮痛剤を飲みすぎている人などは、一度、頭痛外来を利用して、医師と相談をしてみましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です