前立腺がんとは? 男性の前立腺がんの診断・治療・自覚について

男性特有の病気の一つが前立腺がんです。前立腺は膀胱の下側にある臓器で、生殖機能にも係わっています。がんは前立腺の外側に発生する事が多く、傾向としては年齢を重ねるほどかかる率が高くなります。こちらでは最新情報、前立腺がんの診断と治療についてまとめています。

■ 転移することはありますか?
□ 他のがんと同じように、転移する可能性は充分にあります。

■ 前立腺がんになるとホルモンも異常をきたしますか?
□ 前立腺は生殖機能に係わる臓器なので男性ホルモンの影響を受けていますが、前立腺そのものは男性ホルモンを作っている訳ではありませんので、直接的な影響は考えにくいです。

スポンサーリンク

前立腺がんの診断と治療と自覚症状

前立腺癌は体の中にある臓器のひとつで、厄介なことにがんの初期ではほとんど自覚症状はありません。進行すると、排尿の回数が増える、トイレをしても残尿感を感じる、漏らしてしまうこともあるほど我慢が難しいことがあるなど、排尿のトラブルが起きます。これは前立腺肥大症の症状ともよく似ています。このような排尿のトラブルや下腹部の違和感の相談で病院に行き、症状がすすんだ癌が見つかるというケースは多いです。前立腺がんの診断と治療については、本人の希望も併せ、医師と充分な相談を行いましょう。

前立腺がんの診断と治療の方法

前立腺は体の表面からは見えない部分なので、前立腺がんの診断と治療では腸触診が行われることが多いです。また、診断の最新情報としては、PSA血液検査が挙げられます。この検査は発症や再発の早期発見においても重要で、前立腺がんの診断と治療に大いに活躍します。

前立腺がんの診断と治療と費用について

前立腺がんの診断と治療の最新情報では、患者の体への負担が少ない手術方法なども注目したいポイントです。例えば、専用ロボット手術で腹部を大きく切る必要のない「ダビンチ」、切らない放射線治療の「トモセラピー」などです。癌の種類によってはトモセラピーもダビンチも保険適用になる可能性がありますので、前立腺癌の診断と治療の最新情報については医療機関へ確認されてみてください。

日本の患者数は推定18万人

前立腺がんは食事や生活習慣の欧米化とともに増加の傾向をたどり、最新情報では患者数は18万人ほどに増えているのではないかと推測されています。病気に関する最新情報が入手しやすいことや健康志向の高まりから自ら病院に足を運ぶ人が増えている背景も考えられますが、前立腺がんの診断と治療・予防には本人の前向きな気持ちが大切だと言えます。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です