腰痛の対処方法-寝方・ストレッチ・筋トレ・マッサージ・ツボなど

腰痛 対処法

腰痛が発生してしまったら、動こうにも腰が痛くて動けなくなってしまいます。また、ここで無理をしてしまったら悪化してしまう事もあり、悪循環に陥る可能性も高く、そういった時とどのようにして対処したら良いのでしょうか。分からないまま勝手に腰痛を対処したら、逆効果になってしまう事もあるので、正しい方法を行ないましょう。

Q:対処しようとしても、どんな姿勢や状況でも痛い場合はどうすれば良いのですか?
A:そういった時は自分で対処するのではなく、病院に行く事をお薦めします。

Q:猫背の人は骨盤の歪みが原因だそうですが、どうしたら良いですか?
A:神経などの他の原因がない場合は、腰を反る事で、緩和する事ができますよ。

Q:突然の腰痛対処法を教えて下さい。
A:血流が滞ると筋肉が張りますので、起床時などは突然動き出さないようにして下さい。

スポンサーリンク

腰痛の対処法をチェック

腰痛の対処-寝方

腰痛になってしまった人は、寝方も工夫しないといけません。まず大切なのは、無理をせずに楽な方法を取る事が大事で、横向きなら抱き枕やクッションを膝に挟んで寝るのが良いでしょう。そして、ベッドは柔らかく過ぎる物ではなく、少し硬め、低反発の物で体重を分散させる物が良いのです。腰が痛くなる原因は色々ですが、とにかく負担を減らしてあげる事が重要です。

腰痛の対処-ストレッチ

腰が痛くなってしまった場合は、ストレッチが大切です。ストレッチは体を柔らかくする事ですから、体が硬いままだと腰だけではなく、体の色んな部分にガタが来ます。予防だけではなく、リハビリ・再発防止としても良い方法なので、常に柔軟な体にしておきたいですね。

腰痛の対処-筋トレ

腰痛を起こさない、または、対処するためには、腹筋や背筋を鍛えないといけません。筋肉がないと、ぎっくり腰になりやすいですし、不意に腰が痛くなる事があります。また筋トレばかりだと、体が硬くなりがちですので、前後にストレッチや体操も行なわないといけませんよ。特に、体が衰え始める40代や50代の方は、少しでも良いので、体を鍛えておいて下さい。

腰痛 対処 マッサージ

腰が痛くなってしまったら、血行を良くしなければなりません。入浴するのが一番なのですが、その後の体が温かいうちにマッサージしてあげるのが良いと思います。方法はさまざまありますが、筋肉をほぐすように、ゆっくりとしてあげると良いでしょう。外傷や熱を持っている状態の時は、逆効果にもなりますので、原因によって変えて下さい。

腰痛の対処-ツボ

同じ腰痛でも疲労から来ている場合の対処法ですが、ツボ押しが良いでしょう。下半身の血行を良くする腰のツボの膀胱兪、ふくらはぎの殷門、膝裏より少し上の委中などがあります。これらのツボを時間を掛けながら数回指圧して、ほぐしながらしてあげると良いでしょう。単純に、腰を反らしたり、トントンと叩いたりするのも、一時的な緩和に良いですよ。

<< 腰痛になってからの対処と同じくらい予防も大事 >>

腰痛になってしまうと、痛いのでなかなか動けなくて、安静にしていなければなりません。そうなると、対処しようにもすぐにできない事が多いので、初めから症状が出ないように、予防しておく事が大事になります。対処法と予防法はマッサージやストレッチや体操とほとんど変わらないので、日頃から行なっておくと良いと思います。40代や50代の方は、いつ腰痛になるか分かりませんので、気を遣っておいて下さい。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です