腰痛ベルト-購入する前にぜひチェック!人気の商品・メーカーは?

腰痛ベルト

腰痛ベルトは、腰に無駄な負担を掛けないためにも必要な道具です。力仕事をしている人もそうですが、50代・60代と筋力が落ちてきている人にも腰痛の予防や再発防止やリハビリに良い道具となっています。今では種類も豊富に発売されていて、用途に合わせられますので、まだベルトを付ける歳ではないと思っている方にも簡易な物があって、これからの安心のためにも付ける事をお薦めしますよ。

Q:腰痛ベルトは、付けっぱなしでも良いですか?
A:腰に負担が掛からない時は外しておいた方が良いでしょう。

Q:何故、付けっぱなしはダメなのですか?
A:負荷が掛からず筋力低下、締め付けによる血流悪化のため逆効果になる事もありえるからです。

Q:骨盤が大きいのですが、どうしたら良いですか?
A:こういう方は腰痛用よりも骨盤ベルトの方が、腰が安定して、腰痛予防になります。

スポンサーリンク

腰痛ベルトのおすすめチェック

腰痛ベルトのランキング

腰痛ベルトの中でも人気ランキングで上位に来ているのは、見た目も美しくしてくれる骨盤矯正タイプの人気があるようです。それに次いで、しっかりと固定してくれるものが多い印象があります。女性は見た目も大事ですので、このようなタイプがよく売れていますね。

バンテリンの腰痛ベルト

ケア製品で有名なバンテリンからも腰用のサポーターが販売されています。使い方はベルトと同じなので違和感はなく、伸びやすい素材を使用し、腰をしっかりと支えてくれます。バンテリンから発売されているサポーターは、どちらかというとスポーツする人や力仕事をする人が付けるような感じなので、事前に付けておいた方が良いタイプかもしれません。しっかりと加圧してくれるタイプもありますから、用途に合わせる購入して下さい。

ワコールの腰痛ベルト

ワコールの腰痛ベルトは、機能性が高いと評判で人気アイテムの一つとなっています。肌に触れる内側が柔らかくて、外がしっかりとしていますから動き安く、素材も良いので重たくありません。着け心地も考えられて作られていますので、これから腰痛が心配だという50代・60代の方にもお薦めできますよ。

腰痛ベルトの付け方

いくら良い腰痛ベルトを購入し、付けたとしても付け方が正しくなければ意味がありません。基本的に痛みのある場所によって付ける位置が変わるのですが、腰の中心が患部であれば、そこを中心に幅のあるベルトを巻くようにしましょう。腰の下部や臀部が痛むようでしたら、細めのタイプの物で骨盤より下の位置に巻いて下さい。これら両方をカバーしてくれるのが、2段式の腰痛ベルトで、安定もしているので、こちらを使うのが無難かもしれませんね。

腰痛ベルト-就寝時

腰痛ベルトを付けている人の多くは腰痛で悩んでいる方で、そのまま寝てしまう人や着脱が面倒だなと感じている人もいるでしょう。しかし、このベルトを巻いたまま寝るのは、あんまり良くないので、就寝時は楽な姿勢で安静に寝れるように慣れていくのも大切です。50代・60代と歳を重ねると面倒だなと思うかもしれませんが、その方が良いのです。どうしても難しい場合は、ゆるめに装着して下さい。

<< 腰痛ベルトは安心のためにも付けよう >>

腰痛ベルトは、腰痛が起きてから付ける物だけではありません。まだ腰痛になっていない人でも付けて、安心して毎日を過ごすためにも必要な物となっています。しかし、毎日付けると返って、筋力が落ちてしまうので、作業したり、運動したりする時の補助として大切な物となります。50代・60代になると、いつ急な腰痛に襲われるか分かりませんので、ベルトを購入しておくのも悪くありませんよ。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です