近年の不況とワンマン経営の会社を取り巻く現状とは?

ワンマン経営 会社

みなさんの会社にワンマンな経営者はいますか?仕事を辞めたい理由に、会社が家族経営だったり、社長がワンマン経営だったりという理由を挙げる人が多くいます。割と会社の規模が小さい中小企業でありがちなケースですが、小さい会社に限られた話ではありません。

スポンサーリンク

ワンマン経営について

ワンマン経営というと聞こえが悪いですが、決断力やスピード感は大きな会社よりも優れていることも多いです。

しかし、その半面、オーナーの独断やオーナーや一族の狭い世界での常識を押しつけられることも多々あり、これらの理由から、会社を辞めたいと思っている人は多いようです。

オーナーや一族が役員となっている場合が多く、もし間違ったことや判断をしているとしても、社員は意見を言いにくく、意見をしても通らないことが多かったり、ひどい場合には「口答えをする社員」ということで厄介者扱いをされてしまうことも。

また、ルールを無視したような指示があるなど、組織としての秩序が乱れてしまうことも。

仕事で業績を上げることよりも、オーナーや一族の顔色を窺いながら、仕事をすることもあるようです。ワンマン経営、お気に入り人事など、正当に評価されないと感じるということが仕事を辞めたいと考えるようになったと相談に来る人は少なくありません。

本来、仕事で成果を上げ、評価を受けて、給与などの待遇に反映される。このあるべき姿から遠ければ遠いほど、社員のモチベーションは下がり、会社を辞めたいと思う人が増えることにつながります。

また近年の不況で、経営状況が大きく変化した会社も少なくないでしょう。それに伴って、会社の経営方針も変わることもあります。

仕事を辞めたいと相談する人から、会社の経営方針や経営状況に不安を覚えるといった理由を挙げる人が増えました。業界や職種、地域によっても異なりますが、多かれ少なかれ不況の影響を受けている会社がほとんどです。国の施策で業況が良くても長続きしなかったり、反動で大きく経営状況が悪化することもあります。


入社した時は、業況もよく、会社も大きくて将来性もあると頑張っていたが、急に業況が悪化し、ボーナスや残業代がカットになるなど、不況の影響を直接肌で感じることもおいだろう。

景気が戻れば業況は良くなり、状況は好転すると信じて耐えていても、不景気で業況が良くなる兆しが見えなければ、会社に対する信用度や将来性は暗く感じてしまい、会社を辞めたいと思うようになります。会社を辞めたいと考えているときに、業況の悪さからリストラの噂が流れたりすれば、戦々恐々とした雰囲気の中、仕事のモチベーションを上げるどころか、自分自身の保身のため、仕事を辞めたいと思い転職活動をスタートさせるきっかけにもなる。

会社や仕事を選ぶとき、仕事内容や職場の雰囲気も重要ですが、会社や業界の状況はとても重要なポイントとなります。

不景気な昨今では、堅実に成長を続けられるような会社で安定した仕事をしたいと望む人がとても増えています。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です