子宮頸がんワクチンの副作用-安全・推奨は情報の嘘?ワクチン検討

女性の病気・不調ブログ

子宮頸がんは、発がん性ウィルスに感染することで発症する病気です。主な感染経路は性行にある為、女性の8割が一度は感染していると考えられています。

その為、性行する可能性がない小学生から高校生までがワクチンの対象となっておりますが、その副作用により社会問題となっているのです。

スポンサーリンク

ワクチンのQ&A

Q:感染していない状態で、妊娠中でもワクチンの接種は可能ですか?

A:妊娠中のワクチン接種は、安全性が確立していない為、避けた方が良いでしょう。

Q:ワクチンを接種すれば、絶対子宮頸がんにはなりませんか?

A:子宮頸がんの発症は、100%予防はできません。原因となるウィルスは約15種類あり、最も高リスクな型にのみ免疫を作らせるからです。

子宮頸がんワクチンの副作用と症状

子宮頸がんワクチンで重症とされる副作用は、広範囲にわたる過敏な痛み、歩行障害、意識障害です。問題視されているのは、厚生労働省ではこれらの症状と子宮頸がんワクチンの関連性がないとされていることです。

なぜなら、これらの症状は、注射の針刺しによる刺激や骨折による痛みに引き起こされる為です。特に思春期で過敏な年齢であれば、現れ方は顕著です。

子宮頸がんワクチンの副作用は嘘?本当?

ワクチンの副作用については、かなりの情報が錯そうしています。まず、子宮頸がんの原因となるのはHPVといわれるウィルスが原因といわれています。

特にHPVには約15種類存在し、ワクチンはそのうちの強いとされる2種類を予防します。

しかし、中にはこのHPVが原因とされるのは嘘であると提唱する学者もいます。

その為、ワクチンには子宮頸がんを予防することはできないというものです。

また、ワクチンを売り込むため、自然に消滅するウィルスに対し悪影響があると嘘をついているという情報もあります。これらのことで気を付けなければならないのが、情報を読み取る私たち側では真実の検証ができないという事です。


子宮頸がんワクチンの副作用は治るの?

ワクチン接種後に副作用に悩む患者は多く、治療法も確立されていません。また、厚生労働省研究班によると、全身の痛みに対し対処治療を行った結果、64%が改善されたと報告がありました。

しかし、様々な痛みに対し、対処治療を行った結果なので原因が特定されたわけではありません。また、統計をとった病院施設も限定されている為、この数値が正しいものかどうかは不明です。今現在では、副作用が治ることを祈り、試行錯誤を繰り返すしかないとしかいえません。


子宮頸がんワクチンの副作用についてブログでは…

子宮頸がん予防ワクチンの副作用を身近に感じとってもらうため、全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会代表のブログを読むことができます。副作用だけでなく、それにまつわる日常生活の事が記載されています。

現在、子宮頸がんワクチンは、摂取に推奨されておらず、個々の判断とされています。その為、様々な情報が錯そうする中、このような情報が貴重な判断材料となります。

子宮頸がんワクチンの副作用とSLEという病気

全身性エリテマトーデス(SLE)という病気があります。これは、女性に見られるもので、全身の臓器に原因不明の炎症がおきる自己免疫疾患の一つです。

発熱、髄膜炎のほか、腎臓疾患と様々な症状を引き起こし、メカニズムは不明です。しかし、最近ではSLEは子宮頸がんワクチンの副作用としても、提唱されているのです。

慎重な判断を求められます

子宮頸がんワクチンが導入された際には、自治体では推奨されていましたが、現在では保護者の判断とされています。死亡率のある病気を予防するか、発症するかわからない副作用のリスクを負うかは判断が難しい所です。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です