うつ病の症状-いらいら・嘘・涙、症状の種類や身体に現れる変化

うつ病 症状

男性よりも女性は、多様性のある人生を送ると言われています。多様性のある人生には、魅力を感じる事でしょう。

しかし時にはストレスの原因にもなるので、その結果女性の方がうつ病の発症リスクが高いとも考えられます。

また、症状が発症した際に専門医に相談する確率も、女性の方が高いと言われています。

スポンサーリンク

うつのギモン

Q:女性の発症リスクはどれだけ高いの?

A:男性と比較した場合、発症リスクはおよそ2倍以上です。これは日本だけでなく、世界各国でも同じデータであるとされています。

Q:女性に多い症状は?

A:自尊心の低下が、女性には多く見られます。その為、自分自身を繰り返し責め続けたり、自分自身の行動を否定するようになります。

うつ病の症状

うつ病の症状は、精神的なものと肉体的なものの2種類に分類する事ができます。精神的なものでは、悲しみ、不安、焦りを感じる、頭が回らない、やる気ができないといった事が起こります。

そして肉体的なものでは、目や耳の疲れ、痛みを感じる、睡眠障害、拒食・過食などが挙げられます。なお、どちらかというと精神的な種類の症状の方が、つらく感じる方が多いようです。

うつ病の症状と身体への影響

うつ病の症状で、最も身体に現れやすいのは、倦怠感です。倦怠感とは、とにかく疲れやすく、だるさを感じるといった状態です。

この他にも、睡眠障害、胃痛、頭痛、首や肩の凝りなども身体には現れやすいと言われています。もし、内科を受診してもこれらの症状の原因がわからないのであれば、うつ病を疑ってみましょう。


うつ病の症状 いらいら

うつ病の症状には個人差があります。その為、急に喋らなくなる方もいれば、全ての物事に対していらいらするようになる方もいます。

もし、こうした状態が長期間に続くようであれば、うつ病を疑うべきでしょう。

ただし、喋らなくなったり、いらいらしたりしているという事は、それなりのストレスや不安といった原因があるはずです。その為、ストレスや不安を溜め込まない環境を作るようにしましょう。

うつ病の症状に陥ると嘘をつく?

うつ病の患者の中には、自分自身がうつ病である事を認めたくないという方も少なくありません。こうした患者は、他の病気であると言ったり、何も問題はないといった風な嘘をつくケースがあります。

確かにその方が、仕事や学校を休みやすいという事はあるでしょう。

ただし、それによって専門医を受診しないとなると問題です。症状の悪化を招く可能性もあるので、専門医の前では嘘をつかず、本当の自分自身をさらけ出すようにしましょう。


うつ病の症状 涙

うつ病の症状で涙を流すという事は、それだけ自分自身の評価が低下している状態でもあります。

しかし涙を流すと、つらい気持ちを周囲に打ち明けられるだけでなく、気分を落ち着かせる効果も期待できます。

しかも泣く事はストレス解消にも繋がる上に、神経や免疫のバランス調整効果も期待できます。その為、泣く事を抑え切れない時には、我慢しないのが一番です。

うつ病の症状かな?と思ったら1人で悩まない

女性はうつ病の疑いが見られると、男性よりも専門医を受診する確率が高いと言われていますが、これは症状の改善には非常に効果が期待できる事です。

何故なら、早期発見こそが早期治療に繋がるからです。1人で悩んでいてもただ症状が悪化するだけなので、うつ病かな?と思ったら専門医に相談してみましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です