年下の男性の心理を知る!年下男性との恋を成就させるためのポイント

年下 男性 心理

昔ならば、結婚はもちろん恋愛関係においても、年上の女性と年下の男性の組み合わせはあまり見かけませんでしたが、今はもうどちらが年上で年下かというのはほとんど関係なくなりました。これは年齢に対する心理が男女とも昔とは大きく変わってきているということでしょう。そこで年下の男性の心理や行動などの特徴について考えてみたいと思います。

Q:心理とは何ですか?
A:物事の考え方や心の持ち方のこと言います。

Q:女性は自分が好意を持った人が、年下の男性でも気にしない?
A:今は気にする人の方が少ないでしょう。女性が自分から告白できるかどうかは、相手が年下かどうかではなく、そもそも自分から告白というスタイルを取れる人か、そうでないかが問題です。

スポンサーリンク

年下男性、年下男子の心理を知る

脈ありとわからないとなかなか前に進めない

恋愛において女性は、相手が年上の男性か年下の男性かで心理も言動もちょっと変わってくるのです。たとえば、年上の男性だと比較的勇気を持って告白もできるのですが、年下の男性となるとある程度の脈ありとわからないと、なかなか告白などできないようです。これは年下の男性にフラれるのは、年上の男性にフラれるよりもカッコが悪い感じがするからです。逆に脈ありとわかれば、どんどん押せるという人は意外と多いようです。年下の男性の心理からいくと、さほど関係ないように思いますが、女性は気にするものです。

年下の男性に好意を伝える方法

今の時代は年上も年下も少々ならば関係ないとわかっていても、やはり女性の方が年上でしかも自分から好意があることを伝えるとなると、どんな方法が良いでしょうか。年下の男性の心理を考えてみると、「年上女性の魅力は優しく包み込んでくれるようなところ」という意見はとても多いので、ご飯でも食べながら、意中の年下の男性の話をよく聞いてあげるというのは、なかなか有効な手です。さらにもう一つ、年下の男性の心理から考えると、スキンシップをはかるのも良い方法です。一緒に食事に誘ったならば、向かい合わせの席ばかりではなく、たまにはあえて隣合わせで食べられるところにしましょう。横に座るということはかなり距離感が近くなりますし、話の盛り上がり具体によっては手や肩が触れ合うことがあるかもしれません。これは女性だけでなく年下の男性の心理でもあるのです。

年下の男性にアプローチする方法

誰か人を好きになった場合、年に関係なくアプローチしていかなくては次の段階はありません。たとえ年下が相手でも、年下の男性の心理をあれこれ考えるのではなく、基本的には年上の男性にアプローチする時と同じで構いません。ただし、万が一の場合は引き際も大切です。年下の男性の心理においては、タイミングを間違えるということは、ただのしつこいおばんさんということなのです。女性は年下の男性に好意を持った時点から、すでに年齢のことなど忘れているはずです。しかし、アプローチするのならば、やはり年下の男性の心理をよく考える必要があります。最初は相手が年齢を気にすることがないような雰囲気作りや会話を心がけた方が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です