PRは簡潔に!転職活動で失敗しない応募書類を作成するためには?

仕事,ブログ

仕事を辞めたいと考え、転職活動をする際、切っても切れないのが応募書類の作成です。応募をしないと転職はできませんよね。
そのため、いざ応募書類を作成するのですが、応募書類は中身が重要と言われますが、基本や体裁が整っていない応募書類は採用担当者が読む気にもなりません。そうするとそのままシュレッダー行きになってしまうことも少なくないのです。読む気にならない残念な応募書類になってしまわないよう、最低限のルールやマナーを押さえておきましょう。

まず、職務経歴書は数枚、多くても3枚までにまとめます。
仕事を辞めたいと思った経緯、転職後の会社ではどのように経験を生かしたいか、いままでの仕事の成果もふんだんに書きたいのは分かりますが、応募書類を送られてくる採用担当者からすると、多忙の中、数多く送られてくる応募書類を判断しなければなりません。

だらだらとした長文ではなく、相手に伝えるべきことを整理し、要点をまとめた内容にすることで採用担当者へ転職の思いが上手く伝わるように心がけましょう。

また、これらの用紙は原則A4サイズで白黒です。業界や業種によってはカラーもありえますが、余計なところで目立ってしまい悪印象を与えないようにしましょう。

また、職務経歴書でよくあるのが氏名や日付が抜けてしまっているケースです。

履歴書と別々になってしまうと、誰の職務経歴書か分からなくなってしまいます。他にも、雇用形態を省略してしまい、社員かアルバイトか分からない、法人格を省略してしまう、年号が間違っている、フォントがバラバラ、西暦と和暦が混在、誤字脱字など、内容以前のミスもありますので、書類作成の際には十分にチェックしておきましょう。

職務経歴書の志望の動機や自己PR。熱い思いを伝えたいが故に、書きすぎているケースがよくあります。

とても気持ちは分かりますし、面接にこぎ着けたい一心でどうしても長文になってしまうという相談がとても多いです。職務経歴書でタブーなのは、無駄に長い長文です。日々数多くの書類を判断する採用担当者にとって、無駄に長い長文は迷惑以外のなにものでもありません。応募書類の大原則として、「必要な内容に絞って簡潔に表現する」ことが挙げられます。無駄に長い長文になってしまっている他に、文章が短すぎる、必要な情報が盛り込まれていないということもNGです。加不足のない職務経歴書のポイントを押さえておきましょう。

まずは、内容を具体的に表現することが必要です。

しかし、ここで間違ってはいけないのは、社内や業界用語など、一般的でない表現になっていないかということです。具体性のない記載内容では相手には何も伝わりません。予算や達成の度合いを「大きな成果」としか表記していない場合よりも、「具体的な期間や件数、金額」を表記しておいた方がより正確に伝えることができます。

また、自己PRがいまいちの場合、内容が稚拙、PRが出来ていないという書類も残念ながら多いです。

内容や自己PRについては、自分の転職にかける思いが出てくるものです。会社を辞めたいと思ったきっかけ、辞めないといけない理由、辞めてどうしたいのか、今までの経歴を具体的な数字などを使って振り返る、これらを重ねることが受かりやすい書類を作成するための第一歩です。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です