転職活動で無暗な職種変更は危険!自己分析をしてから企業を選ぼう

仕事,ブログ

仕事を辞めたいと感じる理由に「今の仕事に向いていない」という理由が挙げられます。思っていた仕事と違う、数字を扱うのが苦手、人と接するのが苦手、締め切りに追われた仕事のやり方が合わない、パソコンが苦手など、理由は様々ですが、これらの理由を解決する方法として、今までの職種と違う職種に転職する方法があります。仕事を辞めたいと感じた理由を取り除くことができるため、うまく職種を変えて転職することができれば問題ありませんが、転職の場合、即戦力につながる人を求めていることが多く、全く経験のない人を採用することは会社にとってリスクであり、上手く転職できるとは限りません。

スポンサーリンク

転職での職種変更・企業選びは慎重に

新卒の場合と異なり、転職の場合は、今までの経験を生かせる人を求めています。
そのため、いきなり営業から事務などに変わりたいと思っても、うまく自己PRができるでしょうか?自分自身が未経験の仕事であれば、やりたいと思ってもできるかどうかが分かりません。

では、職種を変更したい場合、どのようにすればいいのでしょうか?
転職で職種を変更する場合は、今までの経験を生かせるような職種変更を行うことが重要です。

今までの経験を生かして職種をシフトするには、今までの経験を整理することから始めます。

事務や企画をしていて、営業をやりたいと思っている場合、全く知らない業界の営業ではなく、今までの仕事で関わってきた業界を選ぶことで、経験はなくても、知識を武器にそこからステップアップをしたいと伝えることもできます。自分自身にとっても、知らない業界でなければ見通しがつくかもしれません。このように、職種変更を考える際には、今の仕事を生かした職種変更になるように考えてみましょう。

また転職先を選ぶ際に、重要視するポイントはどこでしょうか?
一昔前であれば、公務員や大手企業は安定しているという風潮がありました。しかし、現在では、公務員でも風当たりは厳しく、大手企業も景気の波に呑まれることも少なくありません。

仕事を辞めたいと思い、転職活動をするために応募書類を作成する際に、気をつけたいのが、過去の勤務先についてです。

勤務先の名前が良い、悪いではなく、転職先を選ぶ判断基準が仕事内容ではなく、勤務先の名前、知名度で選ぶという、大手思考になっていないかということです。

大手企業が名前を連ねていたとしても、大手思考ではないということを伝えることもできます。

しかし、会社を選ぶ際、会社の名前以外にどうして選んだのかを答えることができなければ、それは大手思考としてとらえられてしまいます。

大手思考と思われないためには、しっかりとした転職に対する目的意識が必要です。

その目的を達成するために、結果として大手企業に就職したということが重要なのです。そのためにも、会社を辞めたいと思った理由、会社をどうして辞めないといけないのか、会社を辞めた後、自分のやりたいことやキャリア形成をどのように考えているのか、しっかりと考えを整理しまとめることが必要です。

考えを整理し、まとめることができれば、志望動機や自己PRでもうまく表現することができるでしょう。

安定した会社を選びたいという安易な理由になってしまわないよう、相手にそれを指摘されないよう、仕事を辞めたいと考えた理由や目的を考えるようにしましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です