転職活動の攻略法!面接で効果的に志望動機と自己PRをする方法

仕事,ブログ

転職の際の面接で、「どうして当社を選びましたか?」ということはよく聞かれます。皆さんはこの質問にどのように答えていますか?
もし、「給料が良いから、労働条件が良いから、研修制度が充実しているから」などの理由をしか見つからないのであれば、もう一度、仕事を辞めたい理由について考えることをお勧めします。
では、理由を述べる際にこれらの労働条件についてしか答えることができないと、「給料が悪くなったら」、「労働条件が悪くなったら」、「研修制度がなくなってしまうと」働くモチベーションが下がるのかと疑問に思われてしまいます。

仕事を辞めたいと思う理由には、給料が安い、労働条件が悪いなどの理由がありますが、本来、会社にとって仕事をしてもらう人に対しては何を求めているのでしょうか?
仕事に対する意欲やモチベーションについて注目しているのではないでしょうか?そして、そのモチベーションを高く維持するために、「評価をして給料に反映している」、「働く環境を整える」、「研修制度を充実させている」のです。会社が何を求めているかを履き違えてしまうと、この部分を見失ってしまうため、本末転倒な回答をしてしまうことになります。

スポンサーリンク

転職活動の面接での志望動機は重要

会社を辞めたいと思い、転職を決意するにはさまざまな理由があるはずです。

どうして転職をするのか、今の会社で実現できないことを転職先でどうやって実現したいのか、そのためにどんな仕事をしていきたいのか、このどのような仕事をしていきたいのかを見失わないよう、自分の仕事に対するポリシーを見つけましょう。

履歴書や職務経歴書の応募の動機や自己PRはどんなことを書いていますか?
よくありがちなパターンとして、自分目線だけに陥った内容になっている場合があります。

「自分が成長できる」という言葉、とても前向きに感じてしまいますが、採用をする企業にとっては、その人を採用して企業に「どのようなメリットをもたらしてくれるのか」ということを考えて判断しています。
そこで、会社を辞めたい理由、転職したい理由として「自分が成長できる」ということしか書いてなければ、会社にとってその人を採用することでどんなメリットがもたらされるのか想像ができませんよね。

履歴書や職務経歴書が自己満足に陥った内容になっていないか、自分が人を採用する側に立ったとして、改めて見直してみることが重要です。

会社が何を求めているか、採用した人にどんな活躍を望んでいるのか、採用した後のメリットが期待できる人とメリットが分からない人とでは、メリットが期待できる人を採用するに違いありません。

自分にとって何が成長できるポイントなのか、過去の経験を生かしてどのように成長したいのか、過去の経験をどう生かせば成果を上げることが期待できるのか、企業の期待に応えるため自分の経験をどう生かせるのか、いろいろな目線で考えることで、自分も成長が出来、会社に対しても貢献するという意識が芽生えます。

会社を辞めたいというところから、自己のキャリア形成の見据え、会社に貢献するという流れが見えることで、採用する側にとってもメリットのある人材だということをアピールできるようになります。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です