転職活動の基本は知ること!調べること!自己整理と企業研究がカギ

仕事,ブログ

仕事を辞めたいと思っても、なかなか転職活動を実行できずにためらっている人も多いと思います。

未経験の業界に転職したい、これまでの経験に自身が持てないなど、自信が持てない理由も人それぞれです。
しかし、全ての人が、経験を備えてから転職をしているわけではありません。経験を積まないと転職ができないのでは、今の仕事以外には転職が出来なくなってしまいますが、未経験でも頑張っている人たちは多くいるのです。

未経験だったり、キャリア不足だったりと、転職には不利な状況ですが、この不利な状況で決断し突破するにはどのような点に注意したらいいのでしょうか。
まずは自分を一定の枠にはめ込まないことです。自分が求める仕事に就けるよう、近づけるよう、努力をすることが重要です。

スポンサーリンク

転職とキャリアについて

キャリア不足や未経験であれば、キャリアや経験を補うために何をしたらいいのかを考えましょう。

意識改革を行うだけでも結果は大きく異なります。自分の力を磨く、勉強をする、情報収集をする、資格を取るなど、仕事以外で頑張ることができることも数多く存在します。業界を研究したり、企業を研究したり、知り合いや先輩など応募先に関連する情報を調べるなど、自信が持てるようになるまでじっくり行動してみましょう。

キャリア不足や未経験などの自分自身の不利な状況をどのように変えていくか。

意識を変えること、行動を起こすことが成功へのカギとなるでしょう。

どうしてもやりたい仕事や業界であれば、この意識改革や行動も苦にはならないでしょう。

仕事を辞めたいと思っても、なかなか辞められない、実行できないという人が多くいます。
こんな退職の壁を乗り越えるため、どのようなことに気をつければいいでしょうか。

仕事を辞めたいと感じても、なかなか実行できない理由に、今の会社の待遇もそれなりに満足していることが挙げられます。
このまま会社に残るという選択肢も捨てきれないため、仕事を辞めることをためらっている人も多いのが現実です。このような迷いがある中、どのように仕事をやめるべきかどうかを決断したらいいのうでしょうか。

まずは、自分のキャリアプランを考えてみましょう。

今の会社の待遇が良いからという理由でぬるま湯につかっていることが正しい判断だとは限りません。1年後、5年後、10年後、自分の思ったような仕事を続けられているのでしょうか。

そんな自分であるためには、どこでも通用するようなスキルも必要です。

将来のキャリアプランを考えた時、今のぬるま湯につかった状態で果たしていいのでしょうか。自分自身がどうしたいかということが転職活動をスタートするきっかけになるのです。

また、仕事に求めるものは何なのでしょうか?

自分にとって仕事に求めるものの優先順位を定めておきましょう。今の給料が良くても、やりがいを感じられないのであれば、今後どうしたいのかを考える必要もあるでしょう。

転職を実行する前には、まず現状の不満や不安を整理することから始めます。

そして、自分がやりたいこと、出来ることを明確にし、転職に向けての行動目標を立てましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です