転職活動の流れ!転職はスケジュール管理と下準備で成否が決まる

仕事,ブログ

転職活動を行う際、まずは、転職までの計画を練るところからスタートします。計画性もなく転職活動をスタートしてしまうと、自分の希望の仕事に就けなくなるだけでなく、生活資金不足に陥ってしまうことにもつながり、自分のキャリア形成にも良い影響を与えません。
転職活動の流れと準備
仕事を辞めたいと思ったら、まずは簡単でも構わないので、転職活動の計画を立てましょう。
ここで、大まかにでも、期間や転職出来そうな時期などの目途を立て、よりよい転職先を見つけるための準備をスタートします。

次に、転職する目的をまとめることが重要です。
仕事を辞めたいと思った時、なぜ、仕事を辞めたいと感じたのか、何のために転職したいのか、どのようなキャリアに進みたいのかなど、目的を明確にまとめましょう。この目的がはっきりしていると、自分の進むべき道が自然と見えるようになってきます。反対に、目的がはっきりしていないと、転職活動自体がブレてしまうため、仕事を辞めること、転職先を選ぶ際の判断基準があやふやになってしまいます。

さらに、目的が明確になれば、おのずと自分の進む先が見えてきますが、今すぐに進めるかどうか、経験があるかないか、不足している資格はないか、生かせる経験や資格はないか、自分の強みはないかなどを確認することは、転職時のアピールポイントになります。

すぐに転職する場合、じっくりと準備をしてから転職をするなど、転職の時期や可能性が見えてくるでしょう。

最後に、第三者の意見も聞いてみることも重要です。

自分だけの考えでなく、客観的に第三者の意見を聞くことで、煮詰まってしまった自分の考えから、一回り大きな視点で見えるようになることも。転職までのスケジュールをしっかり立て、よりよい転職活動ができるようにしましょう。

しかし、スケジュールを立ていざ転職活動を始めると、ふと不安に思うことはないでしょうか?
仕事を辞めたいと思って活動しているが、本当に自分の思い通りの仕事に就くことができるのか?どれくらいの期間、転職活動をすればいいのか?一人で転職活動をしていると、いろいろと不安に思うことがわいてきてしまいます。

まずは、新しい転職先を見つけるまでに、どの程度の期間が必要か、あらかじめ目安が分かっていると不安も軽減されることになります。
具体的に転職活動の流れは「応募→書類選考→面接→内定→入社」が一般的であり、通常はトータルで3~4カ月程度と考えておくといいでしょう。応募から内定獲得までで1カ月半程度、現在の勤務先で引き継ぎなどを行う退職活動で1カ月半程度。書類選考や結果連絡、面接、内定までに1カ月程度を要するというイメージです。

ただし、これはあくまで一般的な例です。

企業が採用活動をまとめてやりたいと希望している場合は、応募から応募締め切り、書類選考までに時間がかかることもあります。

自分自身が仕事を辞めて、転職をしたいと考えていても、すぐに応募できる先があるとは限りません。

転職活動の進み方やペースは、企業の採用活動の状況などにとても影響されるため、少し余裕をもった計画にしておくことで、心理的な負担も軽減することができます。

また、応募する時期についても、あまり早すぎることはお勧めしません。

企業が3カ月先くらいに採用したいと考えているのに、1年以上も前に応募してしまうと、働く時期がマッチしないことにもなります。転職出来る時期をいつごろか考えてから動くようにしましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です