転職は誠意が必要!責任感や不安に押しつぶされない転職活動を行おう

仕事,ブログ

多くの人は、仕事を辞めたいと思うと同時に、会社や同僚に迷惑をかけたくないと考えているものです。

自分が仕事を辞めてしまうと、引き継ぎをできる後任がいないといったことや、引き留められるかもしれないという壁に当たります。
しかし、この壁以上に高い障壁であるのが、自分自身の責任感です。仕事を辞めたいけれど、辞めることができない。この考え自体が壁となって身動きが取れなくなる原因なのです。

前に進むためには、行動することが必要です。
行動してみることで意外とスムーズに壁をクリアできることもあります。まずは、自分自身がなぜ仕事を辞めたいと感じたかを素直に本音で考えてみましょう。自分自身の成長のチャンスを自分自身でつぶしてしまわないように考えることが重要です。

スポンサーリンク

転職するにあたって大事なこと

まずは、会社の実情を踏まえ、具体的な引き継ぎ策や方法を考えて実行することが大切です。

仕事を辞めたいと思うあまり、自分の都合だけで決めてしまう人が意外に多いのですが、会社の実情を考え、引き継ぐ人がいない場合には、後任者の採用期間や引き継ぎマニュアルをきちんと作成しておくなど、自分が仕事を辞めても会社に迷惑がかからないように手を打つことが重要です。この対策をすることで少しでも会社に対して責任感や負い目を感じることは少なくなります。

また、退職を申し出るときも、会社や同僚に対して十分に配慮することが重要です。

誠意を持って伝えるかどうか、これによって会社や同僚があなたに対する評価も異なります。順を追って、退職活動をすることであなたの次のステップが切り開けるようになります。

人は、未知のことに対して不安や恐怖を感じるものです。しかし、仕事を辞めたいと思い転職をする際、未知の仕事や会社を選ぶことも少なくありません。
そう簡単に自分のやりたい仕事が見つかるわけでもなく、未知の仕事や会社に対して、不安と期待を持って転職活動をしていることになります。

不安や恐怖を感じてしまうことは仕方がありませんが、その気持ちが強すぎると自分の選択出来る幅が狭まってしまい勿体ないですよね。
不安な気持ちを乗り越え、自分の選択肢を広げるためにはどのようにしたらいいのでしょうか。

まずは、自分自身の力を過少に評価し過ぎないことです。

出来ない、結果が残せないなどと考えるのではなく、どの様にしたら出来るようになるのか、どの様にしたら結果が残せるのかを前向きに考えることです。また、あまり「結果」ばかりに焦点を向けないことも重要です。

未知のことをする、仕事も会社も転職をするまではどんな仕事か会社かは分からないものです。

そこでいきなり「どうやって結果を残すか」、「すぐにできるようになりたい」、「早く認められたい、評価されたい」と考えてしまいがちですが、この慌てた考えでは、自分が仕事に慣れるまではとても精神的に苦しいものとなってしまいます。

物事は長期的な視点で考えてみましょう。

すぐに結果を出すのではなく、いつまでにどれだけの結果を出したいので、逆算して、今はこれが出来るようになりたいなど、段階を踏んだ成長を考えます。少しずつハードルを上げていくようにすることで、不安感は和らぐようになるでしょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です