仕事が原因で適応障害になる事も-うつ病との違い、接し方について

適応障害 仕事

仕事の関係で適応障害になってしまった人も大変ですが、仕事上の相手が適応障害になってしまった時も大変です。無事相手に復帰してもらうためにも、接し方やうつ病との違いなどについて、正しい知識を持っておく必要があります。

スポンサーリンク

適応障害について

Q:うつ病との違いはなんですか?

A:ストレスの原因がはっきりしていることが特徴です。また、うつ病は過度のストレスから脳の活動自体にまで以上を生じてしまっているため、継続的な投薬治療が必要とされています。

Q:仕事に対して甘えている人がなるのでは?

A:全く逆のパターンが多いと言われています。与えられた責任に対して非常に まじめで、周囲と強調しようとする人ほど、そのために神経をすり減らしてしまうためです。

Q:どんな接し方をすれば良いのですか?

A:まずは、相手の病気や症状に対して正しい知識を持つことです。むやみに励ます事はかえってプレッシャーになりますので要注意です。

適応障害とうつ病との違い

仕事をしていて適応障害になる人は少なくありません。職種で言うとIT関係の仕事は、特にストレス要因が多いために精神の不調を訴える人が少なくないそうです。

しかし、心の病気と言えばうつ病を思い浮かべる人は多いのですが、適応障害に対する認知度はまだ低いのが現状です。

うつ病との違いは、まず、ストレス因子がはっきりしているという点にあります。環境の変化や人間関係など、明確な環境の変化があった後、3カ月以内に発症するとされています。

また、うつ病では過度のストレスから脳細胞の活動にまで異常をきたしてしまっているのも特徴です。ですが、長く症状を放置しておくと、結果としてうつ病になってしまうケースはよくあります。


適応障害の場合の仕事での接し方

仕事上の相手が適応障害を発症すると、健康な人の職務にも問題が生じ、なかなかうまく行かなくなることがあります。

円滑に仕事を進めるためにも、相手には早く復帰してもらいたいところ。そこで大切なのが、病気に対して正しい知識と理解を持ち、適切な接し方をする事です。

まずは、病気の原因となっている何らかのストレスが存在するのだという事を理解し、可能であればそれを軽減する手伝いをしましょう。

ただし、あからさまに手助けする姿を見せると、それがかえってストレスにもなり兼ねないので、あくまでもさりげなく、自然にできれば越した事はありません。

むやみに励ましたり、カツを入れたりするのもNGです。相手の心と体に無理な負荷をかけないよう、リラックスできる状態に導いてあげるのが、最も理想的な接し方と言えるでしょう。

適応障害の人との接し方

適応障害の人は、明らかに普通の人とは違う反応をしているのに、その事に対して違和感や罪悪感を持てないという特徴があります。

ですがそれは、その人本来の人格が非常識であるということでは決してありません。

接し方は簡単ではありませんが、まず相手の人格を認めた上で、さりげなくサポートしてあげる事が大切です。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です