適応障害とお薬-薬は必ず飲まないといけないの?コンスタンの副作用

適応障害 薬

適応障害の症状を和らげるために使用される薬はたくさんあります。中でも有名なのはコンスタンという抗不安薬で、多くの患者さんが処方を受けています。

ですが、どんなものでも飲み続ける事には不安があるもの。副作用が怖いという理由から、飲まない治療を選択する患者さんも少なくありません。

スポンサーリンク

コンスタンについて

Q:コンスタンって何?

A:精神疾患の治療でよく使われる精神安定剤の一つで、抑うつ、不安状態に効果があると言われています。無意識の緊張状態を和らげる効果もあります。

Q:副作用にはどんなものがあるの?

A:眠気、ふらつき、口の渇き、口内炎などがあります。

また、強い成分は胃腸 を痛め、下痢や吐き気につながる事もあります。

Q:薬を飲まないとどうなるの?

A:最初から飲まない治療であれば特に問題ありませんが、医師から処方されたものを勝手に飲まないでいたり、量を減らしたりすると逆に危険です。

気になる場合はすぐに相談し、判断を仰ぐことが大切です。

適応障害の薬と副作用

副作用としては眠気やふらつき、口内炎などがよく挙げられます。心身をリラックスさせる効果のあるものが多いので、どうしても眠気につながってしまうのです。

また、口内炎については、長い服用期間で胃が弱り、そのせいでできてしまうとも考えられます。

強い成分ほど副作用も強いものですが、症状が出た時には必ず医師に相談することが大切です。ある程度なら我慢もできるでしょうが、副作用が強くて生活に支障が出ては本末転倒です。


適応障害の薬を飲まないと‥

適応障害の治療が進むと、自らの判断で服用をやめてしまう人がいます。が、これは大変危険です。適応障害では、自らでは判断しきれない症状が潜んでいることもあり、飲まない治療をしたい場合には必ず医師に相談してください。

適応障害の薬「コンスタン」とは

コンスタンは、精神安定剤の一種で、不安な気分や憂鬱な気分を和らげてくれる効果があります。適応障害の治療によく用いられます。

副作用として眠気を催すことがあり、アルコールとの併用は効果が強まってしまうため推奨されません。また、服用を中止する際には徐々に量を減らしていくことが必要です。


適応障害の薬について

適応障害の治療で精神安定剤を処方されると、「自分は精神病なんかじゃない!」と反発して、服用を勝手にやめてしまう人もいます。

ですが、治療において多少の投薬はどうしても必要な場合があります。医師も、患者さんの症状を見ながら適切な薬を適切な量だけ処方しています。

服用の際には、自分の思い込みに頼ることなく、まずは指示されたとおり飲みましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です