適応障害とは-子供の適応障害や社会適応障害、症状チェックについて

適応障害とは

適応障害とは、環境の変化などのストレスに心身が対応しきれないことによって発症する症状の一つで、近年、日本人の間で患者数が増加しているとも言われています。皇太子妃雅子さまが長年治療を受けられている事でも知られています。

スポンサーリンク

適応障害について

Q:適応障害とはどんな病気ですか?

A:適応障害とは、環境の変化やストレスなどがその人にとってとてもつらく、耐えがたいものだと感じられた時などに症状が現れる病気で、抑うつ状態になったり、涙もろくなったり、常に不安を覚えてしまうなどの症状が見られます。

Q:何が原因で発症するのですか?

A:特定の状況や環境の変化、健康状態の変化など、外的な出来事が要因となる のが特徴です。発症の元となる原因がはっきりしているため、それを取り除くことができれば症状を軽減する事が可能です。

Q:発症する年代や性別に偏りはありますか?

A:適応障害とは、外的なストレスに対して発症するものなので、年代や性別はさほど関係ありません。子供でも発症する事があり、注意が必要です。

社会適応障害とは?チェックしてみよう

適応障害は、社会適応障害と呼ばれる事もあります。その人の心身が社会的な環境の変化に対応できずに起こる病気なので、このような名称が付いたと考えられます。

正式な名称には「社会」という単語は付きません。

発症しているのかどうかをチェックするにはいくつかの方法がありますが、第一に、ストレスの原因がはっきりしているかどうか。

第二に、その原因が生じてから三カ月以内に発症しているか否か、などがあります。

ただし、医学的に決まった診断項目などはないので、症状が辛い時は医師の診察を受ける事が最も大切です。


子供の適応障害とは

子供でも適応障害になる事があります。この手のストレス障害は大人特有のものと思われがちですが、子供だってストレスを感じる事があるのです。

子供の場合、大人以上に発症に気付くのが遅れてしまい、状態が悪化してしまうケースが良く見られます。子供の症状としてよく見られるのが、指しゃぶり、夜尿症などです。

赤ちゃん返りをしてしまう子もいます。ただの甘えと勘違いされてしまう事も多いため、あまりに頻度が高いようなら、一度専門家の診断を仰ぐ事も必要です。


適応障害とは?どのような症状

症状として特に多く見られるのが、抑うつ状態、不安状態です。日常生活の中で、社会的な活動に支障が出るほど強い不安を感じたり、気分が落ち込んだりしてしまいます。

ストレスの原因に直面した際にはそれが特に顕著で、めまいなどの身体的苦痛を感じる人も少なくありません。

適応障害とは何か、正しく理解しましょう

こうしたストレス障害の病気は、理解のない人から見ると、すぐに気分が悪くなったり体調を崩したりする、単なる甘えのように映ってしまう事があります。

こうした意識がさらに患者の症状を悪化させ、うつ病につながる事も少なくありません。

適応障害とは何か、正しく理解する事が、自分や他人の症状を改善させるための第一歩とも言えるでしょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です