胆嚢癌は初期症状が少ない?胆嚢癌の原因と末期症状と余命について

胆嚢とは、肝臓の下の位置にある臓器で、肝臓で作られた胆汁をためておいたり、食べ物の消化にも係わっていたりする臓器です。その部分に癌ができてしまうのが、胆嚢癌。こちらではその原因や末期症状と余命などについてまとめています。

スポンサーリンク

胆嚢癌の疑問

■ 胆嚢癌は女性と男性、どちらに多いですか?
□ 女性です。男性よりも2倍のリスクがあるとも言われ、特に年配の方に多く見られます。

■ 胆嚢癌の初期症状はどのようなものですか?
□ 初期の胆嚢癌には痛みなどの自覚商法はほとんどなく、進行するにつれ違和感が出る事が一般的です。その為、見つかった時にはかなり進行していることも多く、末期症状と余命への関心が高い傾向にあります。

胆嚢癌の原因

胆嚢癌の原因はまだ明確になっていませんが、現在主に考えられているのは2つの説です。1つめは、胆石によるものです。2つめは胆嚢と十二指腸を繋いでいる管で起こる合流異常です。胆石については直接的な関係性が分かっている訳ではないのですが、胆嚢癌患者の6~7割に胆石が見られることから関連性について注視されています。また、胆嚢と十二指腸の間にある管の異常で、膵液が胆嚢側に逆流することで刺激を受け、癌発生につながると考えられています。胆嚢癌は厄介なことに初期症状がほとんどなく、体調不良を感じて病院に行ったところで末期症状と余命を同時に知る事になる人も多いです。

胆嚢癌の末期症状の生存率

胆嚢癌の末期症状と余命で気になるのが生存率ですね。発見が遅れがちで末期症状と余命を同時に知ることが多い胆嚢癌は、生存率は高いとは言えず、患部の全切除を行った場合でも5年後の生存割合は42%という調査結果になっています。

胆嚢癌の手術

胆嚢癌は手術による切除が主な治療方法となります。しかし、大掛かりな手術になることが多く、末期症状と余命など状態によっては施術に踏み切れないことも多いです。また、手術をしたから必ず治ると言うわけでもなく、術後の見通しは決して明るいものばかりではないのも事実です。

胆嚢癌の再発

胆嚢癌は、末期症状と余命に注目が集まるほど、完治が難しく、また一時的に癌を取り除いても再発の可能性が高い疾患として知られています。これは初期の自覚症状に乏しく、発見が遅れてしまうことが大きな要因として挙げられます。しかし、だからといって落胆して気力を失ってしまってはいけません。医師とも充分に相談されたうえで、1日1日を大切に、治療に取り組む事が大切だと言えます。

胆嚢癌を早期に発見するには

胆嚢にできる癌は、早期の発見により、外科手術後の5年生存の割合がグッとアップします。ちなみに、ステージ1での手術後5年の生存割合は約90%。自覚症状がほとんどないとされる初期でも人間ドックの超音波検査などにより発見できる可能性もあります。胆嚢癌が見られるのは40代以降。早期に発見し、治療に備える為にも毎年の定期検診が大切だと言えますね。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です