繁忙期・少人数会社は退職しづらい!会社・仕事の辞め方とタイミング

会社辞めたい,仕事辞めたい,退職

会社や仕事によっては、忙しい時期、繁忙期があります。しかし、会社を辞めたいと思う気持ちは、そんな時期には関係なく、頭を悩ませているものです。当然、繁忙期に退職する、少数人数の会社を退職するということは、同僚の負担は確実に増えます。この場合、周囲の反感を最小限に軽減して会社を辞めるのが理想です。

スポンサーリンク

仕事を辞めたい(退職)を伝えるタイミング

会社辞める,仕事辞める,タイミング

  • 仕事を辞めたいと思った時
  • ボーナスを貰ったあと
  • プロジェクトなど、大きな仕事が一段落した後
  • 繁忙期が落ち着いたとき

これらは、一般的に考えるケースの一例です。

よく、仕事を辞めるタイミングはいつが良いかという議論がありますが、この時期がベストという答えはありません。ケースによって違うというのが正直なところです。仕事を辞めたいと思うこと、仕事を辞めることは悪いことではありません。会社は、人が入れ替わるということを想定して運営されています。仕事を途中で放り投げてしまう、迷惑をかけるのは社会人としてルール違反ですが、通常決められた期間より前に仕事を辞めたいことを伝え、自分にできることを精一杯することができれば十分だと考えましょう。考えればきりがないことですが、自分にできることを最大限にすることが、今までその会社で働いてきたこと、お世話になったことへの感謝の気持ちの表れになると思います。

仕事を辞めることで、仕事に行きづらいと感じることもありますが、自分にできる精一杯の努力をすることができれば、自分自身納得して会社を辞めることができるでしょう。自分自身の将来のことも考え、正しい判断であれば、その時がチャンスです。あとは、会社や仕事に迷惑をかけないよう、出来る限りのことをするように心がけましょう。

退職しづらい時期や環境で会社を辞めるタイミング

会社,仕事,忙しい,退職

仕事を辞めにくいケースとして少人数の会社も存在します。少人数の会社の場合、アットホームでみんなが力を合わせて協力して仕事をしていることが少なくありません。仲が良ければ良いほど、仕事を辞めたいと伝えづらいと思います。少人数の会社にありがちなのが、一人当たりの仕事量が多いことや、一人が様々な種類の仕事を受け持っていることです。

そのため、一人が仕事から抜けることはとても大きな打撃になります。一人が抜けてしまうことで、その仕事を穴埋めするため、誰かがその仕事を引き継ぐことになりますが、一人一人の業務量が多いため、誰かが仕事を辞めるということで、みんなにその仕事のしわ寄せが及ぶことになります。また、この仲間意識が強いため、仕事を辞めたいと思っていても、なかなか言い出しづらいということもあります。

会社・仕事辞めたいと思ったらモチベーションは低下する

仕事,モチベーション,低下
会社、仕事を辞めたいというストレスから、仕事へのモチベーションが下がってしまうこととなり、結果的に、仕事や会社にとってはプラスには働きません。自分にとって、会社にとって、自分自身が、その会社で仕事を続けることがプラスになるのか?よく考えてみましょう。

選択肢は多ければ多いほど、ストレスは軽減されます。自分にとってその時の最良の選択肢を、選ぶということを考えれば、その会社で仕事を続けることが、将来まで見据えて良いか悪いかが見えてくるようになります。自分が納得できる理由であれば、会社を辞めたいと伝えること自体、後ろめたいことは何もありません。自分にとって、会社にとって、最良の判断をするように考えてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です