仕事を辞める際の対応の仕方・退職理由は嘘をつかずに説明しよう

仕事,ブログ

退職理由の説明について
仕事を辞めたいと会社に伝えた場合、仕事を辞めた後どうするのかが当然話題になるものです。同僚たちから聞かれたり、上司や人事部からも質問されたりするでしょう。この場合、どのように答えるかをあらかじめ考えておく必要があります。
大きく分ければ、細かいことは話さないという方針と全てオープンに話す方針です。
これは、仕事を辞める理由や職場の雰囲気にもよりますので、自分の置かれている状況などを鑑みて選びましょう。
どちらが良いか悩んでしまう場合は、細かいことは話さないようにするのが得策です。
どこの職場でも、他人が転職することに嫉妬したり、転職先のネガティブな情報を転職する予定の人の耳に入れたがるような意地の悪い人間がいたりするものです。このような人がいるせいで、せっかく良い気分で転職しようとしているのに水を差されることになりかねません。

自分自身が会社を辞めたいという気持ちが強く、新しい転職先での希望が大きな場合、自分が意識していなくても、相手にはそのこと自体が自慢のように聞こえてしまうことがあります。

このようなことで、せっかくの自分のこれからの人生にケチをつけられるのは避けたいものです。

また、仕事を辞める際、本当の理由を伝えずに、留学をするとか、家業を継ぐとか、嘘を言って簡単に済ませようとする人がいますが、あまり得策ではありません。

嘘は方便とも言いますが、嘘をついたとしても何も良い結果にはつながらないでしょう。

仕事を辞める時、一般的には、使っていた名刺や社員証、受け取った名刺などは会社へ返すようになっています。
仕事を辞めたいと会社に伝えた後、受け取った名刺などはすぐに引き継ぎを受ける人に渡さなければならない場合や上司に渡すなど、ケースはさまざまです。仮に、受け取った名刺、付き合いのあった人たちにお礼を伝えたい、退職後にも連絡を取りたい、など後々必要になることもあるでしょう。

まずは、仕事を辞めたいと会社に伝える前に、自分の身の回りの物を整理しましょう。
新しい会社に持っていきたいもの、会社に置いておくべきもの、これらを事前に整理しておくことが必要です。

最近では、書類や紙だけでなく、データやノウハウについても同様です。

多くの会社ではコンプライアンスや個人情報の問題で、厳しいルールを設けている会社があるので、この点に関しては十分な注意が必要となります。この点に注意しながら、後日必要になるものについては、仕事を辞めたいと会社に伝える前にコピーなどして確保しておきましょう。

必要となる資料は、仕事を辞めてしまってからは見ることが出来ません。

後日、自分の実績などを証明することができるレポートなど、出来ればコピーを持っていきたいと思うでしょうが、そのようなものも含め、会社からの「データの持ち出し」については、無理をしないことが得策でしょう。最近では社内規定や法律など厳しいため、持っていくべきか、置いていくべきか、慎重に検討するようにしましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です