仕事を辞める際の注意点!退職前に今の職場でしておくべき事とは?

仕事,ブログ

転職の目的は何でしょうか?多くの人が、今の職場よりも、より良い職場環境を求めて転職をします。このことが最優先であると思います。仕事を辞めたいという思いが強いと、新しい職場で早く働きたいという気持ちが強いので、仕事を辞める日もできれば早めにしたいと考えがちです。
仕事を辞める日はいったいいつがいいのでしょうか?
新しい会社は出来れば早く来てほしいというのが本音でしょう。今の会社は引き継ぎなどを十分にしてほしいため、数週間から数カ月はいてほしいというのも本音です。自分自身の意思も、新しい会社で働きたいため、どうしても早く辞めがちになってしまいますが、仕事を引き継いで、有給消化を行い、余裕を持って新しい会社で働くためのスケジュールを考えるようにしましょう。

スポンサーリンク

仕事を止める前、退職前にすべきこと

労働基準法では、退職の日から2週間前には会社へ仕事を辞めたい旨を伝えなければなりません。
また、多くの会社では、退職の日から1カ月~数カ月前には仕事を辞めたい旨を伝えなければならないように就業規則で規定しています。

さらに、注意しておきたいのは、ボーナスや退職金のルールも確認しておきましょう。

少し時期をずらすだけで、支給される金額が大きく変わることになるケースもあるためです。今までは、会社は社員が仕事を辞めることに慣れていませんでしたが、最近では会社がそのことに慣れてきたため、仕事を辞めたり転職したりということ自体はスムーズに進められるようになってきたようです。

多くの人が、有給休暇を毎年消化できていないはずです。
そのため、仕事を辞める際にはまとまった有給休暇が残っていて、退職時に有給消化することも多いと思います。また、転職初心者はこの余った有給休暇のことを忘れてしまいがちです。

もともと有給休暇は、社員に与えられた権利です。
しかし、この権利をどこまで主張して使うかどうかが問題になることもあります。

有給休暇はできるだけ消化しても良いと思います。

会社の方針もあると思いますので、自分の希望を伝え、会社と相談して決めるようにします。

間違っても、自分には権利があるということや自分の希望だけを伝えるようなことはしないようにします。

ここで注意しておきたいのは、あまり長すぎる有給消化は避けましょう。次の職場で働く際に勘を取り戻すのに苦労してしまうということと、有給消化をし過ぎて引き継ぎが疎かになってしまっては本末転倒です。どれだけの期間が正しい、有給休暇を消化することが正しい、そのような答えがあるわけではありませんが、概ねの目安としてみるのもいいでしょう。

そのため、会社と相談しながら、ほどほどに有給消化するのがベストです。

場合にもよりますが、長くても2~3週間程度が良いかも知れません。また、有給休暇の消化は有効に使うようにしましょう。今までの仕事のリセットにもいいですが、新しい会社で必要となる情報を収集したり、専門書を読んだり、有意義な時間とすることが必要です。新しい会社で力を発揮できるよう、十分に力を蓄えられるようにしましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です