退職を上司に伝える前に!会社を辞めたいときに始めるべき準備とは?

もう、こんな会社辞めたいと思ってしまうことありませんか?

  • 仕事の成果に対して、正当に評価してもらえなかったとき
  • 上司が自分に仕事のミスを押しつけてきたとき
  • 自分の仕事の成果を上司や他人に取られてしまったとき
  • 仕事がうまくいかないとき
  • 仕事を進めるのにハードルが多すぎる、高すぎるとき

仕事を辞めたいと思っても、少し冷静になってみましょう。
今、感情に身を任せて仕事を辞めることを判断してしまっても、あまり良い結果にはなりません。

仕事を辞めるタイミングのベストは、自分が成長できる選択肢を見つけたとき、持っているときです。

自分が成長できる分野を見出したとしても、その理想の仕事や職場に出会えるとは限りませんし、その会社に就職ができるとも限りません。また、時期によっては採用の数が著しく少ない時期もあります。

仕事を辞めたいと思う気持ちをぐっとこらえ、自分の将来に向けての一歩を踏み出す準備をしてみましょう。

職種や業界にもよりますが、企業が採用活動を増やす時期は一般的に、ボーナス前後や年末、年度末頃だと言われています。転職を考える際、求人が少ない時期と多い時期であれば、選択肢が増える求人の多い時期が有効でしょう。

その他にも、退職金を多く貰えるタイミング、失業保険がいくら貰えるか、いつまで貰えるかなど、確認しておくべき事項は多くあります。

これらのことを踏まえ、仕事を辞めた後にも困らないよう、しっかりと下準備をしてから仕事を辞めたいことを伝えるようにしましょう。

スポンサーリンク

上司に退職を伝える前にできること

では、会社を辞めたいと思った時に下準備すべきことは何でしょうか?
まずは、仕事を辞めた後の自分の生活について考えてみることが大切です。仕事を辞めたいと、思い切って行動する人も多いですが、その時点で、辞めた後の生活のことまできちんと考えている人は意外と少ないです。

就業規則で、会社を辞めたいということをいつまでに伝えないといけないかを確認しておく

労働基準法では、最低限2週間前までに伝えれば良いことになっていますが、就業規則では、1か月前などとなっていることも多くあります。会社ごとに決められているので、まずは、この時期がいつなのかを確認することが必要です。

退職金について確認しておく

退職金があるのか、ないのか。とても大きな問題です。また、退職金の計算方法も確認しておきましょう。数か月の差で、貰える金額に大きな差が出てくる場合があります。自分にとって有利になるよう、退職のタイミングを図る上でも、このポイントはきちんと押さえておきましょう。

失業給付金について確認しておく

仕事を退職した後、一定の要件を満たしている人には、雇用保険から失業給付を受けることができます。まずは、受給できるのか、いつからもらえるのか、いくら貰えるのか、いつまで貰えるのか。今後の生活に必要なものなので、正確に把握しておくのがいいでしょう。

■すでに次の転職先が見つかっている人もいるでしょう

しかし、これらのことを知っておけば、すぐに転職せず、一定期間、自分の時間を作ったのにと後悔することも少なくありません。自分自身の生活のため、ポイントを押さえてから、次の行動に移しましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です