嘘をつかずに相手に悪印象を抱かせない上手な退職理由の伝え方とは?

仕事,ブログ

仕事を辞めたいと感じた時、どういう風に退職の意思を伝えようかと考えるものです。
女性の場合、仕事を辞めたいと思う理由には、キャリアアップなどの他に、家庭の事情(結婚、妊娠、出産、子育て、介護、夫の転勤など)が数多くあります。
そのため、上手に仕事を辞められるよう、会社が引き止めにくい理由を使うことが多いです。(ただし、あまり嘘は使わない方が得策です。念のため)

仕事を辞めたいときに使う上手な理由とは、どのような理由でしょうか。

簡単にいうと、相手が納得しやすく、辞めなければならないという状況であるということです。

反対に、下手な理由とはどういうものでしょうか。

仕事を辞めたい理由が、自分勝手な理由、相手が納得できない、辞めなくてもいい程度の理由、仕事を辞めたとしても解決できないような理由ということです。

仕事を辞めたいという意思を相手に理解してもらうためには、ネガティブな理由だけを並べても理解されません。
仕事を辞めたいということ自体は、ネガティブなことかもしれませんが、いかにそのネガティブな状態をポジティブに変換できるか。ポジティブに進むために、仕事を辞めること、転職をすることが必要であるということが伝わらなければなりません。単純に、仕事を辞めたい理由で、タテマエだけを伝えたり、嘘をついたりしてしまうと、辻褄が合わなくなり、矛盾が生じてしまいます。自分の中で、しっかりと仕事を辞めたい理由について熟考してみましょう。

スポンサーリンク

印象を悪くしない退職理由の伝え方

仕事を辞めたい理由を探す際には、辞めたいと思うときは、どんな理由なのか考えてみましょう。

キャリアアップをしたいというようなポジティブな理由もあれば、仕事が嫌い、人間関係がギクシャクしている、労働条件がキツイ、仕事が面白くない、経営者がワンマンであるなど、ネガティブな理由も数多く存在します。

仕事を辞めたいと感じることは、誰にでも少なからずあるでしょう。

仕事を辞めたい理由がネガティブな場合、仕事を辞めたいと会社に伝えるとき、転職の際の面接のときなど、そのまま素直に伝えても何も良いことはありません。

しかし、仕事を辞めたいと思ったから、会社を辞め、転職の面接を受けるので、理由を伝えないわけにはいかず、とりあえず、タテマエの理由を伝えたり、嘘をついたりしてしまうようです。

安易に、タテマエの理由や嘘を伝えても、うまく伝えることができないと、話の辻褄が合わなくなって困ることになってしまいます。

では、仕事を辞めたい理由を上手に伝えるにはどうしたらいいでしょうか?

ポイントは、ネガティブな理由をポジティブに変換することです。たとえば、事務で仕事が単調で面白くない場合、仕事を辞めたい理由として「仕事がつまらない、面白くない」と伝えても、良い印象は与えません。

どうして、仕事がつまらないと感じてしまうのでしょうか?自分で判断して、考える仕事をやりたいということでしょうか?

自分が面白いと感じる仕事が他に見つかることもあります。この場合、やりたい仕事が見つかったので転職したいと伝える方が、相手に与える印象は良くなります。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です