転職活動で損をしないためにも仕事の退職計画をしっかり考えよう!

仕事,ブログ

仕事を辞めたいと思った時、新しい転職先を見つけたり、やりたい仕事を見つけたり、はたまた、今の会社や仕事がどうしても嫌な時など、さまざまな理由があると思いますが、次の転職先が決まるまでは、ぐっとこらえましょう。

仕事を辞めるのも転職も計画的に

最近は、不景気など雇用環境もとても不安定なものになっています。
仕事を辞めても、すぐに見つかる人もいないわけではありませんが、自分の思い通りの仕事に就けるかどうかは定かではなく、そのような確約もないままに、仕事を辞めたいという気持ちだけで先走ってしまうのは得策ではありません。

どんな理由があって、仕事を辞めたいと感じているかは人それぞれですが、会社にいる限りは賃金が支払われます。
何を言われようが、暇で仕方がなくても、勤務時間を過ごすことで給料をもらうことができるのです。安易に仕事を辞めてしまったために、次の勤務先が決まらずに、貯金だけが減っていくということになりかねません。そのような生活状況の中で、自分のやりたい仕事を見つけて転職をするということがとても困難になってしまうということは容易に想像できるものです。

仕事を辞めたいと感じた時、辞めたい気持ちをぐっとこらえて、転職活動をする道を選ぶか、その場の感情で動いて、自分のやりたい仕事をじっくり選べなくなってしまう道を選んでしまうか。

多くの人の場合、仕事を辞めたとしても生活資金にそんなに余裕があるわけではありません。自分にとって何が有利なのか、しっかり見極めて行動するようにしましょう。

仕事を辞めたいと思うことは誰にでもあります。
しかし、この気持にも当然浮き沈みがあり、仕事を辞めたいと思ったとしても、やっぱり今の仕事を頑張ろうという人もきっと多いはずです。反対に、ずっと仕事を辞めたいと考えながら、なかなか行動できない人が多いのも事実です。

仕事を辞めたい、仕事を続けたい、それぞれに思いはあると思いますが、嫌な部分、不満な部分ばかりに目を向けていたのでは、問題を解決することは出来ません。
あまり無理を続けていくことで、過剰な労働環境や強いストレスから鬱を引き起こす人も少なくありません。

自分がなぜそこの会社で働かなければならないか、自分がなぜ働くのか、これらのことについてしっかりと見つめなおしてみることをお勧めします。

また、自分は会社に対してどこまで頑張れるのかということも自問自答してみることも良いでしょう。そう吸うことによって、仕事を辞めるべきか、続けるべきか、どこまで頑張れるのかということを自分自身が気づくことができます。

自分の中で、リミットやハードルが分かれば、これからどうしたらいいのかの判断にもなります。

無理をし過ぎないことも重要ですし、仕事を辞めること、転職することだけで解決できない問題かもしれません。

考えすぎもよくありませんが、考えなさすぎも問題です。

適度なタイミングで退職するか仕事を続けるかを判断することが、精神衛生上も良い結果をもたらすことになるでしょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です