社会人の方注目!結婚?転職?男性と女性で違う退職理由の傾向とは?

仕事,ブログ

女性は、結婚や出産を考えたとき、一度は仕事を辞めたいと思うことがあるのではないでしょうか?
仕事と結婚生活を両立できるだろうか?仕事と子育てを両立できるだろうか?
家庭や子育てにも力を入れたいという考えはとても素敵だと思います。うまく両立ができると頑張ってみても、やっぱり難しいと壁に打ち当ることもあるでしょう。

結婚という人生での大きな節目、自分だけでなく、自分と家族の将来を考えたときに、今の職場で仕事を続けることが正しい選択肢だとは限りません。
そのため、結婚や出産を控えた女性が誰でも少しは考えるのではないでしょうか。

家庭や子育てにも力を入れたいと考えることが多く、仕事を辞めたい、勤務時間の短い仕事に変わりたい、職場で異動をしたいなど、いろいろ思い悩む女性は多いです。
仕事を辞めたいという判断にたどり着くまでには、多くのハードルが待ち構えているのも現実です。

  • 仕事を辞めて、生活ができるのか
  • 良い転職先、異動先があるのか
  • また、今の仕事に戻りたいと思っても、難しくなってしまうのではないか
  • 仕事と家庭を両立したくても、周囲の協力がえられそうにない

特に、子育ては子供の将来にも関わってくるため、とても重要視している人が多いため、多くのハードルと向き合うことになります。結婚や出産で、自分や家族のライフスタイルは大きく変化するため、家族とよく相談して、今後のライフスタイルについて話し合いをするべきでしょう。

スポンサーリンク

男性と女性の退職理由と転職理由

女性の場合、仕事を辞めたいと考えるきっかけは、結婚、妊娠、出産、子育て、介護、人間関係、スキルアップなど、自分のライフスタイルに関することが数多く含まれるのが特徴です。

一方、男性の場合は、仕事の内容、労働条件、スキルアップなど、現実的な理由が目立ちます。
仕事を辞めたいと考えたとき、まずは、一番に考えることは、仕事を辞めた後の生活の問題。十分な貯金があれば問題ないかもしれませんが、できれば、退職金や失業手当など、なるべく貯金を崩さない形が望ましいです。

また、仕事を辞めた後、転職する人がほとんどだと思いますが、転職後の仕事内容や労働条件、給与など、今よりも良いところに転職したいと考えるはずです。

うまくステップアップできる転職先が見つかればいいですが、当てもなく仕事を辞めてしまっても、思ったような転職先が見つかるとは限らないので、退職後の生活や転職先が見つかるかどうかの不安から、仕事を辞めたいと思っても、なかなか実行に移せない人が多いようです。

年齢が高くなればなるほど、仕事を辞めたいと思っても実行に移せない人の割合が高くなります。

これは、年齢が高くなればなるほど、家族に対する責任が重くなる傾向があるためです。若いころであれば、仕事を辞めたいということは自分自身の問題だけですが、結婚し、家庭を持ち、子供や家族を養うといった責任が出てくるためです。家族などと相談しながら、慎重に検討することが必要です。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です