立ちくらみと耳鳴り-めまいや頭痛、困った立ちくらみ症状の対処法

立ちくらみ 耳鳴り

座っている体勢や寝ている体勢から急に立ち上がることで立ちくらみがすると、場合によっては耳鳴りがすることもあります。耳鳴りに関してはなぜ同時に症状がでるのかという理由は分かっていないようですが、異常を表わす一種のサインのような役割を果たしているのかもしれません。

Q:立ちくらみと同時に耳鳴りと頭痛もしました。その後しばらく頭痛は続きました。何か対処するべきでしょうか?
A:再度似たような状態になり、やはり頭痛が続くようなら病院にいくことをおすすめします。

Q:立ちくらみなのかめまいなのかわかりませんがしょっちゅうなるので対処できないでしょうか?
A:まずは立ちくらみなのかめまいなのかで対処法が異なります。医師に相談してみましょう。

スポンサーリンク

立ちくらみと耳鳴りの症状チェック

めまいと立ちくらみ・耳鳴り

立ちくらみだけではなく、平行感覚を失うようなめまいと耳鳴りも一緒に症状としてあらわれるようになった場合には耳鼻科を受診しましょう。めまいの専門クリニックが近くにあればそちらでも良いでしょう。めまいと耳鳴りが同時な症状としてあらわれる場合には耳の中の三半規管になんらかの異常が起きた可能性が高まります。耳鳴りは疲れているときにもなりやすいためあまり重要に思っていない方も少なくありませんが、三半規管に大きなダメージがあると平行感覚を失ってしまうことにもなりかねません。このような普段あまりない症状を併発した場合には速やかな対処が必要です。

頭痛と立ちくらみ・耳鳴り

血管に炎症などによって起こる頭痛は立ちくらみにも影響を与える可能性があります。頭の周辺の血管が炎症を起こしているということは脳に正常に血液が送られない可能性があるからです。そしてもともと立ちくらみの症状が出やすい方は血管の収縮や拡張があまりうまくできない体質という可能性もあります。そうした体質の原因には自律神経の異常があり、悪循環するように頭痛や耳鳴りを引き起こしてしまうのです。

立ちくらみ以外の症状があるときは

立ちくらみと同時に他の症状が出ることが多い方は三半規管や血管そのものに障害があることもあるので、貧血気味でたまに立ちくらみがするという程度ではすまないのであれば病院の医師に相談して適切な治療法を見つけていくほうが良いです。日常化している症状だとかわすことにも慣れて危機感が薄れてしまいますが、同時に症状が多発するというのは決して普通の状態ではないので注意しましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です