食後に吐き気がする!食後の吐き気と病気!こみあげる吐き気症状と対処

食後,吐き気

食後のこみ上げる吐き気は、人によって原因が様々考えられます。例えば、女性なら妊娠によるつわりや生理前症候群、ゲップも良く出るようなら胃腸の不調や逆流性食道炎など病気の可能性も。食後に吐き気がする場合、どう対応したらよいのでしょうか?20代、30代女性必見です。

スポンサーリンク

食後の吐き気との関係を考える

食後,吐き気

✔ 食後の吐き気は食べたものと関係ありますか?
⇒ ステーキやハンバーガー、コーラにアイスクリームとこってりした脂肪分がたっぷりのアメリカンスタイルの食べものを大量に取っていれば、吐き気がしても当然でしょう。カロリー過多の食べ物も考え物です。また、トウガラシがたっぷりと効いた刺激の多い料理を食べると、胃が荒れてしまって吐き気となるかもしれません。

✔ 食後の吐き気は心の持ちようとも関連がありますか?
⇒ 大事なのは過敏になり過ぎないことと、自分の生活を自分でコントロールすること。もともと胃が弱く、胃痛や吐き気によく襲われる人は、食べた後にまた痛まないか吐き気がしないかと心配になってしまい逆に吐き気を呼びこんでしまうのです。注意しないと、食前・食後の吐き気が治りません。

逆流性食道炎と食後の吐き気

食後,吐き気,病気

【逆流性食道炎は食後に逆流して吐き気】
逆流性食道炎は、食後に胃酸が逆流して食道に炎症を引き起こし、吐き気を催させる病気です。食習慣が欧米化していることも原因の一つとしてあげられています。

【ストレスからも逆流性食道炎で食後に吐き気】
逆流性食道炎になってしまう原因として、ストレスもあげられます。仕事も家族も趣味も、実になんでもストレスの原因になりえます。

食後の吐き気と病気

食後によく吐き気を催す病気には、十二指腸潰瘍のような胃腸系の病気が疑われます。食後に吐き気がするということは、満腹時に胃腸が機能しにくくなっているのでしょう。

つわりと食後の吐き気

つわり,食後,吐き気

妊娠した時のつわりでも、食後に吐き気がぐっ!と来て気分悪いことこの上ないことがあります。このつわりでは、食後だけでなく食べ物を見ただけで気分が悪くなり、まともに食事ができないことも多いようです。母体も胎児も栄養が必要なので、流動食でもなんでもして栄養をとらないといけません。

生理前の食後の吐き気

生理前,食後,吐き気

食後の吐き気の原因として生理前症候群もあげられます。ホルモンバランスの崩れがこうした不快な症状の原因となっています。受精卵の着床・妊娠の準備で体が忙しく働いているのでしょう。20代・30代でもこの生理前症候群に悩まされている女性は多く、社会全体の理解が必要となっています。

食後のゲップと吐き気

食後,ゲップ,吐き気

食後に起きる吐き気やゲップは胃の働きが十分ではないのではないでしょうか。ひとつには、胃が弱っているために、食べたものを十分に消化できず吐き気やゲップとなっていることが考えられます。また、胃の調子は普通でも、大量にたくさん食べ過ぎたり、香辛料のきいている辛い料理を食べ過ぎたりと胃が処理しきれないのかもしれません。

食後の吐き気と便秘の関係

食後に吐き気がするものの便秘も起きているという状況では、腸閉塞や腸ねん転といったひどい腸の病気が隠れていることもあり得ます。腸閉塞では排泄物が排泄できずに悲惨な病状を招いてしまう危険もあります。

食後の吐き気がストレスに

食後に吐き気が襲ってくる場合、ストレスがひどくなっていることもあるでしょう。講演会や発表会の直前に緊張感が最高まで張り詰めてしまい、そんな時に配られたスタッフ弁当を口にして吐き気で戻してしまう、といったこともあり得ます。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です