住まいのカビとカビ対策!カビの防止、対策とカビ取り、除去方法

住まい,カビ,防止,対策,カビ取り

私たちの住まいの中でカビが繁殖する条件は、決まっています。5℃~35℃の室温と、80%以上の相対湿度、汚れやホコリといった栄養、そして酸素です。これらが揃っていればカビは常に繁殖する可能性を持っていますし、考えみれば私たちの住まいというのはこれらの条件を満たしている場所が実に多いことに気付くのではないでしょうか。

住まいの中には、カビが発生しやすい場所というのがいくつかあります。また、カビが発生してしまうと、見た目だけでなく臭いも気になります。

そんなカビ対策はカビが生える前のカビ防止対策カビが生えてしまってからのカビ除去対策があります。みなさんがお住まいの空間とカビの関係性を見ながら、臨機応変に対応していくために、便利でおすすめのカビ防止用品カビ対策用品カビ除去用品をいくつか紹介してみます。

スポンサーリンク

住まいのカビ対策用品

カビは一定の温度と湿度、そしてホコリなどの汚れがあれば繁殖することができるため、通気性の悪い収納場所や汚れのたまりやすい居室などにも、カビが発生することは当然あります。そんな住まい空間のカビ対策についていくつか紹介したいと思います。

カビ対策用品 カビ合戦

居室空間のカビ対策用品として発売されているのが、エヌアンドエスから発売されている「カビ合戦」です。カビ合戦はゲル状のカビ対策用品であり、カビを除去したい場所に置くだけでよいという手軽さが魅力的です。

カビ合戦のしくみ

カビ合戦の中に含まれている微生物の力によってカビを分解し、除去する手間を簡単にしてくれます。自動的にカビを除去できるわけではないので、カビ合戦使用後に掃除の時間は必要ですが、何の準備もないままにカビ除去をするよりも簡単に終わらせることができるというのは、カビ対策用品として大きなメリットの一つです。

カビ合戦に期待できる効果

カビの繁殖に伴う悪臭を抑える消臭効果や、カビの栄養を先に食べてしまうことによる防止効果も期待することができるカビ対策用品となっています。

1ポイントアドバイス

水分を含むと腐敗してしまう可能性があるため、水まわりを避けて使用するという点でしょうか。下駄箱や押入れ、居室、冷蔵庫、車などのにおいが気になる場所において、7~10日間ほど微生物が活動できる時間をおきましょう。その後のカビ除去が簡単になり、消臭効果で居心地のよい空間をつくることができるのではないかと思います。

カビ対策用品 カビのガード カビドメスプレー

カビ独特のイヤな臭いを消すためにはカビそのものを除去することはもちろんですが、今すぐに臭いだけを消したいという時もあるのではないかと思います。そのような時に便利なのが、アサヒペンから発売されているカビ対策用品である「カビのガードカビドメスプレー」です。

カビのガードカビドメスプレーのメリット

カビのガードカビドメスプレーのメリットは、今発生しているカビに対してカビ対策用品として使用できるだけでなく、これからカビが繁殖してほしくない箇所にも、カビ防止用品として利用することができるという点です。住まいの中には、カビにとって発生要因となる適度な温度、湿度、汚れなどの栄養といった条件が揃っています。カビが発生してから除去をすることも可能ですが、掃除の手間は誰もが省きたいところですね。そのため、カビのガードカビドメスプレーを、カビ防止用品として事前にスプレーしておくことでも効果が期待できます。

カビのガードカビドメスプレーの効果

また、通常のカビ対策用品の中には使用後に自然乾燥させる時間が必要なこともありますが、カビのガードカビドメスプレーは速乾性という特徴もあるため、すぐに抗菌効果を発揮することもできますよ。天然成分を使用して、素早く部屋の消臭を行うことができるカビ対策用品です。

1ポイントアドバイス

使用箇所はカビが発生しやすい水まわりのほか、押入れなどの収納場所、リビングなどの居室空間にも利用することができます。特になかなか手入れがしにくい天井にも使えるメリットは、魅力的です。

カビ対策用品 クレベリンゲル

大幸薬品から発売されている「クレベリンゲル」は、クレベリンシリーズの中の置き型タイプカビ対策用品のです。二酸化塩素の特徴を利用して、設置された空間のウイルス、菌、臭いを除去する効果を持っています。この結果、カビが発生しにくい環境づくりを行うことができるというわけです。住まいのカビを繁殖させたくないと考える方にとって、特別な手間が必要でない便利なカビ対策用品ではないかと思います。

クレベリンゲルのメリット

注目は、なんといってもその用途の幅広さです。住まいの中でカビが発生しやすい場所といえば、まずは水まわりである浴室やキッチン、洗面台が思いつきますね。押入れや下駄箱、シンク下といった収納場所にも注意を向けたいところでしょうか。そして壁やカーペット、畳といったそれぞれの室内にもカビは発生することがありますから、実は住まいの中でカビに気をつけなければならない場所は数多くあるのが現状です。
クレベリンゲルは、水まわりであっても、収納場所であっても、そして室内であっても、すべてに利用することができるという用途の幅広さを持ち合わせたカビ対策用品です。つまりカビを特に発生させたくないところ、ウイルスを繁殖させたくないところの優先順位に従って設置することで、その効果を実感できるということなんですね。

1ポイントアドバイス

用途やクレベリンゲルのサイズによって使用期間は異なりますが、約1~2ヶ月を目安に新しいクレベリンゲルに交換するとよいでしょう。

住まいのカビ防止用品

カビを発生させないための方法は、やはり基本的となる「こまめな掃除や換気」が大切です。しかし、それだけでカビのないお家はなかなか少ないと思います。

そこで、住まいの湿度が高くならないよう調整をしてくれるのが、さまざまな除湿効果などを備えたカビ防止用品です。カビが生えてしまってから一つ一つの対処するよりも、先にカビ防止用品などを利用して防止策を取っておいて、快適な住まいの生活を送りたいというのが多くの方の本音ではないかと思います。

最近では「カビは繁殖してから掃除をするもの」という感覚だけでなく、「カビが発生しにくい環境づくりをするもの」という視点を意識した、カビ防止用品が多く発売されているんです。

なんでも除湿シリカゲル

「なんでも除湿シリカゲル」は、天然成分であるシリカゲルを乾燥させたものです。

なんでも除湿シリカゲルの使い方

なんでも除湿シリカゲルを使用したい時には電子レンジで加熱をし、除湿を行いたい場所に置きます。シリカゲルは食品添加物に利用されている人体に影響のない天然成分のため、押入れやたんすの引き出しなど収納場所に使うことができるのはもちろんのこと、湿気を入れたくないお菓子の袋の中にも使用しても大丈夫という高い安全性を持つカビ防止用品となっています。

1ポイントアドバイス

注意点としては、なんでも除湿シリカゲルは水につけてしまうと効果がなくなってしまうため、水気がある場所での使用には注意が必要です。また、なんでも除湿シリカゲルの中に含まれているシリカゲルの粒がブルーからピンクに変わったら、電子レンジで加熱するかもしくは天日干しするなどして湿気を逃がしてあげることで、再利用することができるようになっています。10g入りのシリカゲルが20袋入っているため、好きな時に好きな数だけ使えるという便利さもカビ防止用品として魅力的ですね。

カビでないスプレー

日本ミラコン産業より発売されている「カビでないスプレー」は、住まいのカビの気になるところに使用することができるカビ防止用品です。

カビでないスプレーのメリット

カビでないスプレーの最大のメリットは、その高い汎用性でしょうか。使用することができる場所は浴室やキッチン、洗面所、トイレといったカビの発生しやすい水まわりはもちろんのこと、住まいの中で気になる壁や床、押入れ、下駄箱といった湿気にさらされやすい箇所に使うこともできます。また、家具やカーテンにも使用することができるため、生活をしている中でカビが発生してほしくない多くの場所に利用することができるという魅力を持っています。

カビでないスプレーの特徴

カビでないスプレーは、塩素系のカビ防止用品ではありません。そのため、独特のにおいがが苦手な方でも使いやすい高い安全性を誇っており、小さいお子様のいるご家庭でも安心して使ってもらうことができます。

1ポイントアドバイス

効果的に活用するために覚えておくとよい点としては、あくまでカビの発生を防ぐためのカビ防止用品としてのスプレーであり、今現在発生しているカビを除去することができるものではないという点でしょうか。もしカビでないスプレーを使用したい箇所に既に黒ずみなどの汚れがある場合は、カビ取り剤を利用して先に掃除をしておくとよいでしょう。

バイオでカビよけ君

カビ防止用品として、その成分に特徴があるのがコモライフから販売されている「バイオでカビよけ君」シリーズです。

バイオでカビよけ君のメリット

バイオでカビよけ君の特徴は、OYK菌という納豆菌同属菌を利用することで化学品独特のにおいや注意点を気にせず安心して使用することができるという点です。その安全性は、農作物のカビ防止にも利用されているという点がよく伝えてくれているのではないかと思います。塩素系のつんとしたにおいが苦手だという方や、小さなお子様がいるという方も気にせず使うことができるカビ防止用品ですね。

バイオでカビよけ君のしくみ

OYK菌は、空間に放出されることでカビが栄養とする成分を先に取り入れることができます。この結果、栄養を手に入れられなくなったカビが増殖できない環境を作り出すことができるのです。

バイオでカビよけ君の使える場所と種類

バイオでカビよけ君は、浴室や洗面所、トイレといった水まわりのほかに、下駄箱やサッシといった住まいの中で湿度が高くなりやすい箇所に使用することができます。人気のスプレータイプのほかに置き型タイプもあるため、1,2週間に一度のスプレーでの対策のほかに、継続して置き型タイプでのカビ防止対策を行うことで、その効果を高めることができます。
また、特に押入れやシンク下、クローゼットなど設置したい場所ごとに置き型が発売されているカビ防止用品のため、使い分けて使用するのもよいですね。

1ポイントアドバイス

注意点としては、バイオでカビよけ君はカビ防止用品として発売されているため、現在繁殖しているカビには効果がないという点です。もし設置したい場所にカビが確認できている場合は、カビ取り用品を利用して先に除去しておくと、より清潔な空間を作り出すことができるでしょう。

カビ防止スプレー

カビ防止用品の中でも、ビーワンショップのカビ防止スプレーが人気を得ている理由は、その防止効果が長続きしてくれるという点です。水まわりはどうしてもカビが発生しやすい場所ですが、このカビ防止スプレーは日々水をかけられる浴室のパッキンに使用しても、その効果は1年持続できると考えられています。水に触れないその他の場所での使用であれば、2~3年間の効果が期待できるとされているカビ防止用品です。

カビ防止スプレーのしくみ

なぜこのようなことが可能かというと、カビ防止スプレーにはカビが発生してしまう原因となるバクテリアを強力に殺菌してしまう力が配合されています。この結果、カビの栄養源を絶つことができるようになっているのです。

カビ防止スプレーの使い方

使用方法はいたってシンプルで、カビを発生させたくない場所にカビ防止スプレーをただ噴きかけるだけ。もちろん温度や湿度によってはカビの発生条件は変化していきますから、換気を行うなどの工夫と同時に行うことが大切ですが、目に見えない栄養源を長期間に渡って殺菌することができるというのは、カビ防止用品としてとても心強いですね。

1ポイントアドバイス

浴室やキッチン、トイレといった水まわり以外にも、押入れや下駄箱など、カビが気になる場所に利用しましょう。靴や衣服といった布製品にも使用することが可能な応用性も、人気を集めている理由の一つと言えるかもしれません。

住まいのカビ取り・除去用品

カビ防止やカビ対策をしていても、カビが生えてしまうことはあります。そんな時、簡単にカビを取り除くアイテムがあれば嬉しくないでしょうか?

カビ取りウエットクリーナー

ちょっとした気になるカビの黒ずみを掃除したい、という的に便利なのが、泉製紙から発売されている「カビ取りウエットクリーナー」です。カビ取りウエットクリーナーは、カビが発生しやすい浴室やキッチン、洗面所といった水まわりは当然のこと、壁やカーテン、衣類などの布製品にまで使用することが可能なカビ対策用品です。つまり、住まいのカビ対策用品としては使用範囲をあまり選ばない、とても使い勝手のよい一品となっています。

カビ取りウエットクリーナーの特徴とメリット

カビ取りウエットクリーナーは、よくカビ対策用品に使われている塩素を含んでいません。そのため、カーテンや衣類に使用しても色落ちを心配しなくてもよい点は、嬉しいメリットと言えるでしょう。また、ウェットティッシュの感覚で使えるため、部分的に掃除をしたいと思ったそのタイミングで使用できるのも手軽でよいですね。カビが気になる今この時、少しだけといった具合で、かゆいところに手が届くような融通のよさが魅力的ではないでしょうか。

1ポイントアドバイス

気をつけておきたい点としては、天然成分が使用されているわけではないので、長時間触って使用することや、体に触れる部分のカビ取りを行うことは避けるような注意書きがなされています。しかし塩素系のカビ対策用品を使用する前のさまざまな準備と比較すると、カビ取りウエットクリーナーの手軽さが際立つのではないかと思います。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です