ストレス性めまい-男女必見!ストレス性めまいは早めの対処を!

ストレス性 めまい

ストレス性のめまいは原因にかなり個人差が出てきます。不安に思っていることなどがそのままパニック障害のようになってしまうものや溜まった疲れが症状としてめまいになってしまうものなどさまざまです。

Q:ずっとストレスを感じ続けていることでめまいが起きたりするというのは本当ですか?
A:無意識のうちに溜まったストレスや、ストレスを感じていたことへの緊張感がめまいを引き起こすこともあります。

Q:ストレスからくるめまいに治療法はありますか?
A:原因がストレスだけならストレスとなっている要因を解消することで一種の治療になることもあります。

スポンサーリンク

仕事とストレスとめまい

社会のなかで最もストレス感じる環境ともいえるのが仕事や仕事場での人間関係です。仕事場でのストレスは一番他人にぶつけにくいものなので自分の中で処理しようと努力します。本来は精神面でも肉体面でもストレスを感じると体は自然にそのストレスを解消しようと働きかけますが、ある一定量を超えて長い間ストレスを感じているとその調製機能が機能しなくなってしまいます。そうするとストレスで受けたダメージがそのまま体の変調をきたしめまいや頭痛などといった症状にあらわれるのです。

ストレスによる「めまい」の治療

ストレスによって引き起こされるめまいを治療するにはその根底にあるストレスの原因を解消しなければなりません。とはいってもそのストレスの原因が対人関係や仕事である場合には自分の力だけで解消するというのはとても難しいことです。そうなると、そのストレスに打ち勝てるように自分のメンタルを鍛えなければならないのです。

疲れとストレスによる「めまい」

精神的ストレスはもちろんですが、肉体的ストレス=疲れもめまいなどの症状を引き起こす原因になります。疲れが原因となっている場合には疲れをとることをもっとも優先させることが必要ですが、一度疲れを解消することができたとしてもまた同じことを繰り返してしまいかねません。疲れからくるめまいは一種の限界を表わすサインでもあります。同じことを繰りかえさないためにも自分の限界を把握し自分をコントロールできるようにしましょう。

ストレスによる「めまい・耳鳴り」

過労やストレスが原因で耳鳴りやめまいがすることがあります。風邪や病気などとは異なり、薬でなんとかなるというものではありません。過労の場合、ビタミン剤や栄養剤を打つのが良いとこです。めまいも耳鳴りも過労になるような生活習慣を改善しない限りはいくら栄養剤を打っても一時的にしか良くならないということを念頭に入れておく必要があります。

ストレスによる「めまい」の薬

ストレスによる肩こりで血管が圧迫されてめまいがおこることもあります。そのため、シップ薬や肩こりをほぐすことができる薬を利用することでめまいがおきないようになる可能性があります。肩こりなど薬を使うことで直せる原因の場合、ストレス性のめまいであっても改善が見込めます。

地震とストレス・めまいの関係

大きな地震があってからは弱い余震でも酔ったような状態になったり揺れていないのに揺れているという錯覚に陥る人が増えています。これはめまいとの区別も難しいのですが、大きな地震を体験したことによるストレスが脳の感覚に錯覚を起こさせて揺れているように感じたり浮遊感を覚えさせていると考えられます。

ストレスを解消しなければ解決にならない

ストレスが原因で起こるめまいのほとんどはそのストレスの原因となっているものを解消しなければ完全に治ることはありません。肩こりのように薬で解決できる問題とは異なるため医師にとっても非常に難しい問題のようです。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です