ストレスによる動悸-仕事中のめまいや不整脈の症状、漢方・薬など

ストレス 動悸

ストレスと動悸はかなり関連の深い関係です。ストレスは年齢を問いませんが、20代30代といった人生経験の浅い人ほどつらい思いをするようです。また、加齢に伴い高齢者が身の置き所がないといったことからストレスを感じることもみられています。

Q:どうしてストレスから動悸が起きるのですか?
A:ストレスは精神的な過度の緊張感が続く状態です。緊張すると心臓がドキドキしたり汗をかいたり胃が痛くなるように、体に大きな影響を与えます。自律神経のうちの交感神経が刺激されるからです。

Q:ストレスから自律神経がおかしくなるとどうなりますか?
A:自律神経がおかしくなると体の調節機能がうまく作動しなくなります。緊張状態でないのに心拍数が上がる、朝出かけなければならないのに体が活動モードにならないなど、シチュエーションによって切り替わる機能がおかしくなるのです。

Q:仕事のストレスも動悸の原因になりますか?
A:もちろん仕事上で感じるストレスも動悸の原因となりえます。業績が芳しくない、パワハラ上司がいるといったストレスフルな環境はてきめんです。朝に職場が近づいてくると心臓がドキドキ手に取るように鼓動しはじめるという明らかな動悸は、おそらくストレスが原因でしょう。

スポンサーリンク

ストレスと動悸の関係

仕事のストレスと動悸

【ストレスから動悸になりやすい仕事】
仕事からストレスがこうじて動悸がするようになる人が大勢います。人間関係もそうですが職業柄ストレスを感じやすいという職種もあるのです。たとえばIT業界や不動産業界、クリエイティブな仕事や公務員は特にストレスが大きい仕事といえそうです。格好がいいと人気の職業なのですが、残業や休日出勤などせいかつの乱れもおきやすく、負担が増してしまうのでしょう。

ストレスの動悸とめまい

ストレスからくる動悸に加えてめまいまでするようになれば、どうにかしないといけないと感じることでしょう。ストレスは過度の緊張感を生みますので体の筋肉も硬直しがちです。肩や首の筋肉がコリコリに固まってしまうと脳への血流も阻害されてしまいめまいとして表われてくるかもしれません。動悸にめまいともなれば立っていられずに安静にするしかないでしょう。

ストレスの動悸と不整脈

ストレスと動悸、そして不整脈も大いに関連があります。動悸は症状であり不整脈は病名ですから、不整脈があるので動悸を感じるということになります。ストレスが原因で不整脈を患い、その結果動悸となる場合もありますし、もともと不整脈があってしばしば動悸を感じで不快なためにストレスが講じてしまうこともあるでしょう。

ストレスの動悸と漢方

ストレスからくる動悸を感じる場合に漢方を使うこともできます。そうしたケースはたいてい自律神経がおかしくなることから動悸が起きますので、自律神経を改善する漢方薬がいいでしょう。

ストレスの動悸と薬

ストレスが原因の心因性の動悸がある時には、安定剤が処方されることも多いようです。緊張が緩和され、筋肉のこわばりも取れ、睡眠に入りやすいので、体が回復しやすいようです。

ストレスの動悸と向き合うために

ストレスから動悸がしているとわかる時点で動悸の原因がはっきりしています。それはとてもいいことです。ただしストレスを感じる環境を変えられる人と変えられない人がいます。変えられない人は自分磨きと思って立ち向かうしかないでしょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です