そばかす-コンシーラーやメイク、化粧で上手にしみ・そばかす隠し

そばかす コンシーラー

普段はそばかすが気になるという方でも化粧方法ひとつでしっかりそばかすなしの顔を作り上げることもできます。メイクアップアーティストの出版している本や雑誌などでもそばかす隠しの化粧方法を取り上げていることがあるほどで、素人でも簡単に取り入れることができる簡単なそばかす隠しです。

Q:モデルや女優の方は必ずきれいな肌をしているように見えますが本当にそばかすやしみはないのでしょうか?
A:なかには多少のしみやそばかすがある方もいるようですがメイクによって隠せる場合もあるようです。

Q:目のクマなどを隠すためのコンシーラーで上手にそばかすも隠せますか?
A:濃いそばかすの場合は重ね塗りが必要になることもありますが、コンシーラーは有効な手段です。

スポンサーリンク

そばかす、しみを隠す方法

そばかすを化粧で隠す

もともとそこまでそばかすが濃いというわけではない方なら普段の簡単な化粧でもそばかすを隠せてしまうこともあります。化粧品のなかでも学生さんから主婦の方まで幅広く使われているBBクリームを塗るだけでもそばかすが目立たなくなることがあります。また、BBクリームは日焼け止めが含まれたものも多く、普段あまり化粧しないという方でもBBクリームだけを塗る習慣をつけておけばそばかすが増えるのを軽減させることもできます。

そばかすメイク

逆にそばかすメイクといってファンデーションなどのメイクの上からあえてそばかすのようなメイクを施すという方もいます。そばかすを描くことでナチュラルな可愛さ(カントリー)を表現することを目的としているようで雑誌やインターネット上で取り上げられたこともありました。逆転の発想でそばかすそのものの長所を見るというのもそばかすと上手に付き合っていくひとつの手段といえるのかもしれません。

しみ・そばかすにコンシーラー

しみやそばかすを目立たないようにするために大活躍するのがコンシーラーです。疲れたときに出がちな目の下のクマを隠すのにも一役かってくれますが、実はそのコンシーラーの色選びというのを間違ってしまっている方も多いようです。黒や茶色に見えるしみやそばかすを隠すためについつい明るい色のコンシーラーを選んでしまっている方が多く、だいたい普段使っているファンデーションと同じ程度がそれ以上に明るい色を使用します。しかし実際にはそうした明るい色のコンシーラーを選んでしまうとかえってしみやそばかすが目立つ結果になってしまうのです。

<<しみそばかすを目立たなくするポイント>>

1:コンシーラーを使うなら使っているファンデーションや自分の肌の色よりワントーン濃い(暗い)色を選ぶ
2:コンシーラーを使用するのはメイクが一通り終わった後(フェイスパウダーなどの後)最後の仕上げに使う。
3:再度フェイスパウダーなどで馴染ませる。
以上の3つのポイントを抑えることで大抵のしみそばかすはカバーできるはずです。普段のメイクにひと手間加えるだけなので誰でも手軽にできます。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です