そばかすの消し方-自力で簡単に!ボコロリの効果は?子供のケアも!

そばかす 消し方

女性の大敵そばかすは軽くメイクをした程度では隠し切れないことも少なくないため、目立つ部分に増えてしまうのは避けたいものです。しかし、紫外線を浴びて知らず知らずのうちにそばかすができてしまうという経験をした方も多いのではないでしょうか。

Q:そばかすの主な原因はなんですか?
A:紫外線や強い刺激によるストレスやビタミンなどの栄養分不足が主なものだといわれています。

Q:昔はそばかすができても消えたのに今は消えないのはなぜですか?
A:思春期にできるそばかすは先天的なもので成長とともに消えますが、大人になってからできるそばかすは一般的には外側からの影響によるものが多く、自然に消えることは少ないといわれています。

スポンサーリンク

そばかすの消し方をチェック

そばかすの消し方-簡単な方法

そばかすはできてから消すのはなかなか根気がいります。  長期的な目でみてそばかすを徐々に薄くしていくという消し方であればビタミンをできるだけ摂取するという方法が簡単です。サプリメントなどで日ごろからビタミンを意識して摂るようにすることで内側からそばかすを薄くしていくことが期待できます。

そばかすの消し方-自力で消せる?

そばかすの中でも思春期などにできてしまうタイプのものなら自力で自然に消すことができる場合がほとんどです。しかし、大人になってから自然に自力でそばかすを消すというのは難しいため、そばかすの消し方というよりも予防策を講じておいたほうが得策です。

そばかすの消し方-イボコロリは得策?

インターネットや口コミなどでもイボをとるために使用するイボコロリを使ったそばかすの消し方が話題になっています。イボコロリなどのイボを除去する薬にはサリチル酸という濃度の高い酸が含まれており、その酸でイボとその周辺の皮膚表面を溶かして除去する仕組みです。それを利用してそばかすができている部分の皮膚表面を溶かして沈着している角質ごととってしまう方法だと考えられます。

しかし本来は顔などの皮膚の薄く弱い部分に使用するような薬ではないため、肌が弱い方や過剰に薬を使ってしまった方などはなんらかの副作用やアレルギー反応を起こす場合があるので安易に使用することはおすすめできません。

子供のそばかすの消し方

遺伝的にそばかすができやすいという体質を受け継いだ子供の場合日焼け止めなどを塗っていても自然とそばかすが増えてきてしまうこともあります。しかしそこで焦って子供間違ったそばかすの消し方をしないように注意しましょう。本来幼少期にできるそばかすというのは成長と共に自然に消えることも少なくありません。異常に増えていると感じたとしても大人のように無理にサプリメントなどでビタミンを摂取させるなどの方法もあまり良いとはいえません。

<<そばかすは消し方よりも予防策を>>

そばかすはできてしまってから消し方を探すのはなかなか大変ですし、消し方を誤るとかえって肌への負担を増やす結果になってしまいます。できるだけ紫外線を浴びないようにスキンケアで気をつけ、一日の終わりにも優しく洗顔するなどして日ごろから肌へのストレスを軽減することが大切です。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です