子宮体癌の特徴と生存率・再発率、子宮体癌の抗がん剤治療について

子宮体癌 生存率

癌は、異常な細胞が増殖し、近隣の細胞に浸食または臓器に転移することにより、臓器不全や病的な症状を引き起こし、死に至る病気です。子宮体癌は、子宮内膜にできる病気です。しかし、近年は医療技術の向上により、生存率、再発率が向上しているのです。

スポンサーリンク

がんのQ&A

Q:初期の子宮体癌が判明した場合、摘出した方が良いですか?

A:初期の子宮体癌であれば、子宮を摘出した方が再発症率、生存率は全く違います。

Q:抗がん剤は髪の毛が抜けますか?

A:副作用により、髪の毛が抜けます。女性にとって精神的に苦しいと感じますが、治療後は髪の毛が生えます。

子宮体癌の生存率はどれくらい

子宮体癌は、自覚症状がない病気なので気付いたら頃には、進行していたということも。このようになると手遅れという風に考えてしまいがちです。

しかし、子宮体癌は他のガンに比べて、違った特徴があります。

公益財団法人がん研究振興団体によると、2012年度のガンの部位別死亡者で最も多かったのが大腸癌です。

全体の癌患者死亡率のうち、14%に当たります。子宮癌の場合、全体の4%であり、さらに子宮体癌に限定すると、更に低くなります。

女性にとって子宮の癌は、不安を感じやすい病気です。しかし、適切な処置を行えば生存率が高い病気なのです。


子宮体癌の再発率は高い?低い?

癌の再発とは、根治治療後に取り残した癌細胞、または既に転移していた癌細胞が腫瘍として発見されることです。特に、子宮体癌は再発率が高く、ステージや治療法ごとに再発率も変わります。

また、初回治療に比べ、再発した癌に対して根治治療は難しくなります。

なぜなら、再発するということは、他の場所に転移していることが考えられ、さらに遠隔再発の場合は一つ一つ治療して行く方が体の負担が大きいのです。

さらに、子宮体がんは転移しやすい性質を持っています。その為、再発した癌に対してはこれ以上転移しない事を目的とした治療を行います。


子宮体癌の抗がん剤治療について

抗がん剤とは、癌細胞に働きかけ、増殖を妨害し死滅を促す薬です。その為、完治を目指すほか、手術の際に摘出しやすいように縮小させたり、術後の転移や再発を防いだりと補助的な役割に用いられます。

ただし、癌細胞のみに働きかけることは難しく、正常な細胞も抗がん剤の作用を受けやすくなってしまいます。その為、副作用として吐き気、脱毛、口内炎、下痢といった症状が現れます。副作用の現れ方には個人差がありますが、避けられない症状なのです。

医学の向上に期待します

子宮体癌は進行が遅い為に生存率が高い病気ですが、全身に転移しやすく再発率も高い病気です。その為、抗がん剤治療は避けられません。子宮体癌の治療は、子宮摘出、脱毛と女性にとっては耳をふさぎたくなる言葉が出てきます。

しかし、避けられない治療法だからこそ、治療後も日常生活を送れるよう精神的なサポート方法や治療薬が開発されています。その為、今後の医学の向上には期待が持てます。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です