ガーデニングで人気!シクラメン・ガーデンシクラメンの上手な育て方

シクラメン 育て方

シクラメンといえば、特にあの真っ赤な色の種類がとても一般的で、且つ人気がありますが、赤以外にも、濃いピンク、薄いピンク、ホワイトなどがあります。この中で、ガーデンシクラメンは見た目も高級感があって、目を楽しませてくれます。普通のシクラメンが寒さに弱いのに対して、寒い気候には強く順応します。もともとのシクラメンの原種から小型に改良したものですが、シクラメンの仲間でも育て方・栽培方法も異なります。

Q:ガーデンシクラメンの季節はいつごろですか?
A:季節の中で特に夏の終わりから秋の始まりが盛んで、9月の下旬頃から、街の花屋で見かけるようになるでしょう。

Q:ガーデンシクラメンの苗を植えるには、どの季節がよいのですか?
A:苗で育てるのでしたら、本格的な冬の到来の前に定植するようにします。なぜなら、寒さのために、育て方も困難になります。たとえ育っても、花の数が少なかったり、イメージと違う育ち方をします。

スポンサーリンク

シクラメン・ガーデンシクラメンの育て方

ガーデンシクラメンの育て方で苗を植えたあとの管理

ガーデンシクラメンの苗を植えつけた後に、願うことは季節にキレイな花をたくさんつけて楽しむことだと思いますが、それにはいくつか育て方に条件があります。まず、育て方の基本は水はけや水もちのよい培養土の環境を作ること。土に植えつけるときは、根がしっかり入る大きめの穴を作って、そこに苗をおきます。

ただし、注意点として、植える際に、他の株との間隔をあまり狭くしないようにします。間隔を広く取ると、成長もよくなります。そして、植え付けを終え、まずたっぷりの水を与えるようにします。水遣りは頻繁に、表面が乾かないように注意して、乾いたようなら、すぐに水をたっぷりとやります。

ただし、これは、根が張るまでで、一度根がしっかりついたあとは、水遣りはそれほど気にしなくても大丈夫です。逆に根が張ってから、水をやりすぎると、根腐れを起こすことがありますので、注意が必要です。

さらに、水をあげるときに、上から水をかけないように注意します。花と花の間に水がたまっていると、蒸れて、そこからカビが生えてきたりします。また、苗からではなく、花屋で花がすでに咲いている鉢を買ってきた場合は、すでに肥料がしっかり効いています。

1ヶ月後くらい過ぎたときに、そろそろ肥料も切れた頃、化成肥料を与えます。スムーズな育て方として化成肥料は、月に一度の割合で与えるといいでしょう。シクラメンを長く維持するためには、春・夏・秋・冬とそれぞれ季節によって、注意することがあります。地域によって、気温も違いますので、季節別の取り扱い方を説明するよりも、まず気温で判断してください。気温が高い時は、湿度がありますので、ガーデンシクラメンの根が腐りやすくなります。

育て方として、普通のシクラメンもその傾向がありますが、特にガーデンシクラメンは注意してください。そのサインとして、葉が一部黄色くなっている場合は、気温が高めであるということです。花の茎が長めに伸びて、すぐにぐったりするのは、そのサインです。また、冬に、土が湿っていると霜にやられてしまいます。また、花が終わって花殻になったら、まめに取り除くと、新芽が出やすくなります。ただし、大切な育て方のプロセスとして、花殻を抜く時は、他の花まで取れてしまわないように、注意して、そっと根元から抜きます。

ガーデンシクラメンの育て方は、丁寧に扱うこと

ガーデンシクラメンは、耐寒性で冬は本当にきれいに咲きます。春・夏・秋・冬のそれぞれの対応に気をつけてください。植え付けは9月下旬から12月上旬、つまり春や夏ではなく、秋口から冬にかけてということです。そして、水や用土に注意して、植えつけたら、肥料を追肥で何度か与えたり、春、4月ごろの植え替え時期にも、葉っぱの数で場所を移動したり、梅雨の時期、夏あたりは風通しを考えて場所を移動したりします。

また、害虫にも気をつけてください。害虫は、シクラメンマイツが発生します。これが発生すると、花や茎の形が変わります。また、湿気が多すぎると花や葉が枯れたり、カビは生えたり、いろいろと対処を考えることです。さらに、ぐったりしたり、葉っぱが枯れてきたら、丁寧に根元から取り除いてしまいましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です