仕事のやりがいは会社の社風と労働を取り巻く職場環境で決まる!

仕事 やりがい

会社の社風や雰囲気は、会社によってさまざまです。当然ですが、いい社風もあれば、悪い社風もあります。社風というのは少し厄介で、就業規則などのルールとは別に、職場内に暗黙のルールがあり、従業員の権利である有給休暇を取得しようと思っても、取りづらい雰囲気であるという相談はかなり多いです。

スポンサーリンク

仕事を快適にするには社風と職場環境が大事

有給休暇を取りたいと申し出たい場合、

・あからさまに有給休暇をとらせてもらえない

・有給休暇を取ることができても、休むことに対して批判的な雰囲気がある

・誰も有給休暇を取っていないので、言い出しづらい

など、有給休暇に対する悩みはかなり多く、特に、子供が小さかったり、家で介護をすることがある場合には、どうしても休みを取らなければならない場合もあり、仕事が休みづらいということが原因で、会社を辞めたいと悩む人もいます。

サービス残業は当たり前、有給休暇が取りづらい、体調不良でも仕事を休めない、人間関係がぎすぎすしているなど、社風や雰囲気はその会社で働く人間にとってはとても重要な問題です。

これが理由で会社を辞めたいと感じる場合、小さな不満の積み重ねがストレスとなり、特に大きな原因があるわけでもないが、日々悶々と会社を辞めたいと考えてしまうようになる人が多いです。仕事をする上で、働きやすい環境、特に女性や介護をしている人にとっては、職場の環境というのはとても大きなポイントになります。仕事を辞め、転職を考える際には、どんな職場かということも情報収集をしてみましょう。


情報収集をする際にはみなさんが仕事に何を求めるかを考えてみましょう。

・仕事に対するやりがい

・会社の規模、将来性

・給与や労働条件

・職場の雰囲気のよさ

いろいろな理由があると思いますが、多くの人が仕事に対するやりがいや責任に魅力を感じているようです。営業をしてバリバリ稼ぎたい、事務で頑張りたい、細かい作業が好き、人と接するのが好きなど、人それぞれに得意な分野、不得意な分野があります。しかし、自分の得意の分野、興味のある分野でない仕事をしないといけないこともあるでしょう。就職した後に気付くこともあります。許容できる範囲であれば、我慢できるかもしれませんが、人と接するのが苦手な人にとって、営業や人と接する仕事は苦痛であり、仕事を辞めたいと思うきっかけにつながります。

これは、やりたくない仕事をやるときもそうですが、やりたい仕事をやらせてもらえない時も同様です。

仕事を辞めたいと感じてしまう背景には、このままでは自分の将来がみえない、自分が成長できないと思い、よりよい環境で自分のスキルを積みたいと考えるからです。多くの人は、何かをやりたいと思って仕事や会社を選びます。しかし、仕事内容が面白いかどうかは実際に仕事をしてみないとわからないことも多く、仕事をして初めて気づくケースも多いのです。ただし、仕事が面白くないから仕事を辞めたいという理由は、転職の面接では少しわがままな発言にとられる恐れも。自分の仕事に対する意欲をアピールし、その意欲に対して仕事内容がふさわしくないことを伝えると、面接官にも受け入れられやすい。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です