仕事を辞めたい時に上手く上司に退職を切り出す方法と注意点とは?

仕事,辞めたい,退職

仕事を辞めたいと会社に伝えるとき、どうやって切り出すかがとても大きな問題です。うまく、上司と二人になれる時間があればいいですが、そんなチャンスがないとき、どのようにしたら良いでしょうか?みんなの前で、仕事を辞めたいと声高に伝えることは避けましょう。たとえ小さい声で話していたとしても、周囲の人間に伝わってしまい、良い結果にならないことがほとんどです。誤った伝え方をしてしまうと、仕事を辞めることが正式に決まっていないにも関わらず、あらぬ噂だけが広まってしまい、仕事に行きづらいことになりかねません。

スポンサーリンク

上司に仕事を辞めたいと切り出す方法

退職,辞める,上司

仕事を辞めたいということを伝えるには、上司と落ち着いた雰囲気で話せる環境が必要です。そのため、「お話したいことがあります。」と伝えて、落ち着いた環境で仕事を辞めたいということを伝えましょう。メールなどで、話がある旨を伝えることも、最近では多いと思います。メールで上司を呼び出すこと自体はルール違反ではありません。仕事に支障が出ないよう、メールで呼び出すことも有効だという考えは、一般艇に浸透しているでしょう。仕事を辞めたいことを伝えることで、今後どのようなスケジュールで退職するかを話し合うことになります。周囲の人間にどのタイミングで退職することを伝えるかも上司と話をしておくべきです。仕事を引き継ぐため、仕事を辞めることをいつまでもかくしておけるわけではありません。仕事の引き継ぎのスケジュール、誰に引き継ぐか、いつ仕事を辞めるのかなど、必要なことを滞りなく進めることができるようになります。

上司に退職の相談をした後は

退職,仕事,やる気

上司との話し合いが滞りなく終わったとしてもそこで終わりではありません。仕事を辞めたいと会社に伝えてから、実際に仕事を辞めるまで通常であれば、1カ月程度あります。この実際に仕事を辞めるまでの期間で、会社に行きづらいと感じることが多いようです。まず、会社に行きづらいと感じる理由の一つに、自分自身の会社や仕事に対するモチベーションの低下が挙げられます。仕事を辞めたい、すでに転職先が決まっている、新しい仕事はこんな仕事がしたいなど、今の仕事よりも、仕事を辞めた後の方に気持ちが向いてしまっている人がほとんどです。このような心理的な状況が周囲に伝わってしまうと、周囲からの反感を買いやすくなってしまいます。相手は普段と変わらない態度をとっているつもりでも、過剰に反応してしまい、会社に行きづらいと感じてしまうことも数多くあります。

退職前の職場の同僚の反感を抑える

退職前,職場,同僚

もうひとつの理由には、職場の同僚の反感を買ってしまうことが挙げられます。一人が仕事から抜けてしまうということは、誰かがその仕事を穴埋めしなければなりません。多くの会社が、人員に余裕があるわけではなく、一人ひとりの仕事の分担も余裕があるわけではありません。そのため、一人が仕事から抜けてしまうことで、その仕事を誰かが穴埋めする必要があるため、必然的に同僚の仕事負担が大きくなってしまいます。誰も引き継ぐ人がいない場合には、人員を補充することになりますが、補充直後は仕事になれていないため、思ったような戦力にならない場合もあるため、いずれにしても、会社に残る同僚達にとっては負担になってしまいます。さらに、組織から抜けるということで、疎外感を覚えるようなことも数多くあるため、仕事に行きづらいと感じてしまうことがより多くなってしまうのです。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です