仕事を辞める前に自分と職場の環境を見直してみよう

仕事,ブログ

仕事を辞めたいと思う理由にはたくさんありますが、そう思う理由には、他人や環境のせいにしていませんか?自分自身に問題はないでしょうか?
こう問いかけられると、思い当たる節がある人が少なくありません。
残業や仕事が多い、仕事や職場環境が面白くない、人間関係が悪いなど、たくさんの項目が上がりますが、すべて他人や環境のせいにしているようでは、もし仕事を辞めたいと思って転職をしても、また転職先で同じような不満を口にしていることでしょう。

終身雇用が崩壊した現代では、仕事を辞めたいと思い、転職や独立をする人が増えたため、仕事を辞めること自体、そんなに珍しいことではありません。

しかし、仕事を転々としてしまう人と、自分のキャリアアップを着実にすすめる人など、大きく分かれてしまいます。

では、仕事を転々としてしまう人は、どうしてそうなってしまうのでしょうか?
このような人々は、仕事を辞めたいと思う原因を自分ではなく、他人や環境のせいにしていることが多くあります。嫌なことがあり、仕事を辞めたいと感じてしまう。これは誰しもあることです。この感情に任せたまま、仕事を辞めてしまうことは得策ではありません。この感情がどうして起こったのか、原因や解決策を考えなければ、同じことの繰り返しになってしまうからです。仕事が長続きせず、仕事を辞めたいと、思ってしまわないよう、そうなる原因を考えてみましょう。

自分自身にも悪い部分は少なからずあります。

その悪い部分を直さない限り同じことの繰り返しです。その悪い部分を認め、改善するよう努力することで状況は思った以上に好転することもあります。

また仕事を辞めたいと思う原因の中に、職場の環境が良くないと答える人が多く存在します。
特に人間関係が悪いことが仕事を辞めたいと思う引き金になることも少なくありません。

しかし、この人間関係という問題は、仕事を辞めて転職をすることで解決できるのでしょうか?
確かに、今の職場の人間関係が悪く、仕事を辞めたいと決断・実行することでその問題は解決します。ただ、新しい職場に転職したからといって、その職場の人間関係が良いかどうかは分からないし、また同じ問題に頭を抱えることにもなりかねません。

スポンサーリンク

仕事を辞める前に見直すこと

まず、職場の環境に頭を悩ませて、仕事を辞めたいと思ってしまったときには、どんな職場が理想なのか考えてみましょう。

その理想の職場環境になるよう、期間限定3ヶ月間だけ頑張ってみましょう。期間を定めて頑張るというのがポイントです。

仕事を辞めるということをあきらめて、だらだらと続けていても、仕事を辞めたいという気持ちがおさまるわけではありません。

しかし、3カ月だけと期間を定めることで、その間だけ頑張ってみるのです。そうすると、期間が終わってもダメだったら、その時に改めて考えようという風に考えることができます。もしかすると、3カ月の間に、状況が変わってくるかもしれません。状況が好転した、または好転しそうと思えるようになれば、仕事を辞めたいと思っていた気持ちが再燃することは少なくなります。転職をして、やっぱり前の職場の方が良かったなと思うこともあります。しかし、3カ月だけ自分なりに努力をすることで、このような後悔をせず、その時の状況も納得して受け入れられるようになります。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です