退職理由は?仕事を退職する際には理由を上手にまとめておこう

仕事,ブログ

仕事を辞めたいと思った理由、うまく説明できますか?

仕事を辞めたいと会社に伝えるとき、転職の際に面接を受けるとき、同僚などとの会話で質問をされることもあります。

  • その場しのぎの嘘を言ったりしていませんか?
  • 仕事を辞めたいと思った理由をネガティブなことまで正直に話していませんか?

自分の中で、仕事を辞めたいと思った理由を整理できていないと、相手にはうまく伝わらないものです。下手をすると、あらぬ誤解をされてしまうこともあります。仕事を辞めたいと思う理由にはネガティブな理由も当然含まれるものです。この、ネガティブな理由を相手に理解してもらうには、上手な表現が必要不可欠です。

言葉足らずで、相手に誤解をさせたり不愉快な思いをさせてしまうことはありませんか?
仕事を辞めたいと思った理由については、他の人から気になって質問されることもよくありますが、言葉足らず、表現が上手にできなかったせいで、誤解をされてしまっては、人間関係に影響を及ぼしかねません。

まずは、言うべきこととそうでないことを整理しておきます。

この整理ができていないと、ネガティブなことばかりが印象に残って誤解を与えかねません。そして、言うべきでないこと、ネガティブなことは、何が問題なのか、問題の本質を考えてみましょう。そうすることで解決策が見つかります。問題に対する解決策をきちんと伝えることで、相手にはネガティブな印象よりも、ポジティブな印象を与えることができるようになります。

自分の選択が本当に正しいか、後で後悔することはありませんか?

大きい悩みから小さい悩みまで、さまざまありますが、多くの人が後悔したことがあるのではないでしょうか?

特に、仕事を辞めたい、転職したい、という悩みは、自分のキャリア形成から生活の下支えになる部分であり、簡単に決めることができません。しかも、一度、仕事を辞めたいと退職をしてしまうと、後戻りができないのです。もし、転職先で嫌なことがあって続けられなくなってしまったら、「どうしてあのとき仕事を辞めたいという気持ちを抑えられなかったんだろう」という後悔に頭を抱えている人も少なくありません。どんな問題でもそうですが、自分の選択が正しいかどうか、じっくり考える必要があります。

仕事を辞めたいと感じてしまったとき、どうして仕事を辞めたいと感じてしまったのでしょうか?仕事を辞めたいと決断して、その問題は解決するのでしょうか?転職したり独立したりしても、その問題は解決するのでしょうか?
仮に、仕事を辞めたいと感じた直接の原因は解決できるかもしれませんが、同じような問題が新たに起こることがあります。それでは、思い切って仕事を辞めたとしても、その判断自体を後悔しかねません。

仕事を辞めたいと思った理由を、どうしてそう思ったか考えてみましょう。どうしてそう思ってしまったのでしょうか?

問題は自分の中にもあるかもしれません。後で後悔しなくて済むように、納得がいくまで自分の選ぶことができる選択肢を考えてみましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です