食事療法とは?食事療法は病気予防・改善のポイント!食事療法と効果

食事は私たち生物にとって欠かす事のできないものです。しかし、現代は飽食の時代とも言われるように、生活習慣病などにも影響を及ぼしているとされています。そのため健康維持はもちろん、病気改善にも食事療法の効果が期待されています。

■ 食事療法は誰でも取り組めますか?
□ 病気治療を目的としたものは医師が取り組み内容を定め、それを元に栄養管理士が献立を考えるというのが基本ですが、注意事項や取り組むべき内容を理解していれば個人や家庭で献立を工夫する事もできます。

■ 食事作りに時間をかけることが出来ません、何か良い方法はありませんか?
□ 体質や目的に合わせた食事(お弁当)のデリバリーを行っているサービスを検討されてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

食事療法とは

食事療法とは、主に病気を患っている人の改善を目的として行われる食事の計画・実施のことです。例えば、入院患者の症状に合わせて出される食事も食事療法のひとつで、高血圧の方には脂質や塩分控えめといった工夫がされています。もちろん、食べてはいけないものだけではなく、全体的な栄養バランスや食べやすさ、食事の楽しさへの配慮も行われています。また、病院で出される食事だけではなく、医師の指導を受けて家庭で実施される場合もあります。食材や量の制限、調理法やカロリーなど、内容は多岐にわたり、同じ病気でも個々により内容が異なる場合もあります。

がんの食事療法・効果

がんの食事療法は、栄養バランスを考えた献立が理想です。近年がんの予防効果が期待されるとして注目を浴びている「にんにく」のように、健康法として注目される食材はいくつかありますが、すでにできてしまったものを消すような効果は期待できません。この病気は悪性細胞が生まれることによって起こるものですから、食事で治療するというよりは治療に向き合うために、栄養バランスの良い食事がポイントとなるのです。

貧血の食事療法・効果

貧血は、鉄分の欠乏や、血液を作るのに関わっている栄養素の不足が主な原因です。しかし、急いで食事から鉄分などを摂取すれば良いという訳ではなく、食事療法では栄養バランスのよい食事が基本となります。もし、鉄欠乏性貧血で、特別に鉄分の補給が必要と判断された場合には、鉄剤が処方されます。食事の見直し改善を行うことで栄養が欠乏しない食べ方が身に付きますので、今度の予防効果も期待できるというわけですね。

糖尿病の食事療法・効果

糖尿病の食事療法は、カロリーや食品バランスを重視した献立が主となります。1日の摂取カロリーの目標を、病状や体型・ライフスタイルなどに合わせて設定することで、肥満の予防・改善、生活習慣病の予防・改善効果が期待できます。糖尿病は1度発症すると、一生の付き合いとなりますから、自分に適した食事についての知識はぜひ持っておきたいところです。

高脂血症の食事療法・効果

高脂血症の予防・改善にも食事療法は効果的です。ポイントはカロリー制限と、コレステロール量の制限です。動物性脂肪やコレステロールを多く含む食品を控え、野菜や魚を中心とした献立がすすめられます。

うつ病の食事療法・効果

うつ病は薬や休息でしか治らないと考えられていましたが、最近では食事療法の効果にも注目が集まっています。栄養バランスが良い事ももちろんですが1日3食、規則正しく食べることもポイントのひとつです。

楽しく取り組むことが大切

食事を見直す。これは簡単そうに見えて、実際にやってみるととても大変な事です。献立を考えるだけでも時間を摂られますし、好きなように食べていた時と比べると制限のある食事はストレスを感じてしまいます。しかし、これではせっかくの食事が嫌な時間になってしまいますね。我慢するのではなく、料理を趣味にするなど、気持ちを前向きに楽しく取り組めるように工夫していきましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です