食事の時間より良いものにする「なんだか楽しいふたりごはんの時間」

食事,ごはん,楽しい,時間

人間はこの世に生まれ落ちたらすぐに、お母さんのお乳を探して飲もうとします。また、結婚式のようなおめでたい時でも、お葬式のように悲しい出来事の後でも、必ず食事がついてきます。私達人間にとってごはんを食べるということは、それこそが生きているということなのでしょう。しかし、一方で世の中では単身世帯が増え続け、また家族でもすれ違いが多いことなどから、個食の時代とも言われています。そこで、ここではせめて「なんだか楽しいふたりごはんの時間」を実行して、食事の時間をより楽しいものにする提案をしたいと思います。

スポンサーリンク

二人の楽しい食事・ごはんの時間

Q:単身世帯とは何ですか?
A:ひとり暮らしのこと。未婚で親元を離れている人、結婚後に離婚したり死別したりして一人で暮らしている人、子供が独立した人など、単身で暮らす人のことです。

Q:個食とは何ですか?
A:一人で食事をすることをいいます。一人暮らしの人、家族と住んでいても家族が団欒することなく、一人ひとりが別々で食事を摂ることを言います。

「なんだか楽しいふたりごはんの時間」のためにやめること

「私は一人が好きだ」、「食事の時ぐらい誰にも気を遣わずにいたい」などと考える人が多くなってきているのは、「時代の流れだか」と一言で片付けたくない何かがありますね。まず、「なんだか楽しいふたりごはんの時間」を持つためには、一人でもいいやという気持ちをやめることから始めましょう。

「なんだか楽しいふたりごはんの時間」のためにすること

最近は、家族がいても別々の食事をするという家庭も珍しくありません。しかし、せめてその家族の中でも誰か一人相手を見つけましょう。そうすることで「なんだか楽しいふたりごはんの時間」は成立していきます。

お近づきのしるしは「なんだか楽しいふたりごはんの時間」で

興味を持ち合った二人が最初にすることといえば食事です。この時間の中で、相手の性格や行動パターンなど、これからつきあっていけるかどうかをチェックするわけです。しかし、あまり難しく考えずに、「なんだか楽しいふたりごはんの時間」になれば進展ありと考えるもの良いのではないでしょうか。

「なんだか楽しいふたりごはんの時間」の魅力

一人で食べると食事とはなんともあっけないものです。しかし、不思議とふたりごはんになると同じものを食べていても、楽しさが2倍にも3倍にもなるのです。どこで食べようとか、何を食べるでなくても、「なんだか楽しいふたりごはんの時間」が持てることが幸せです。いつの間にか毎日の生活にハリがでてくることでしょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です