歯周病の治し方-歯周病が気になる方必見!症状を改善するには?

歯周病 治し方

日本人の半数以上がかかっていると言われているのが、歯周病です。しかしそのうち、70%~80%という高い割合の人々が、何の治療も行っていないと言われています。また、女性は男性と比較すると、特に歯周病にかかりやすいとも言われているので、30代からは注意が必要です。

Q:歯周病ってどんな病気なの?
A:歯を支える組織に現れる様々な症状を総称した病気です。具体的には、初期段階では歯肉炎、中期段階では歯周炎、重度になると歯槽膿漏といった症状が現れます。

Q:キスでうつるって本当?
A:唾液を介しての感染は報告されています。つまり、キスの際に菌の受け渡しが行われると、うつる事も十分にありえます。

スポンサーリンク

歯周病の治し方をチェックしよう

歯周病の治し方と歯磨き

歯周病の治し方として、正しい歯磨きの仕方を覚える事は重要です。正しい歯磨きの仕方とは、1本1本の歯を確実に磨いていくという事です。1本1本の歯を意識せず、何となく全体的に磨いてしまってはいませんか?これでは歯垢を取り除ききれません。また、口内環境には個人差があるので、自分自身の歯並びに適した磨き方を、歯科医から学ぶ事も、治し方のポイントになるでしょう。

歯周病の治し方と歯ブラシのブラッシング

軽度の歯周病の場合、歯ブラシできちんとブラッシングを行えば治す事ができると言われています。治し方としては、歯と歯肉に傷をつけないように歯ブラシの毛先を細かく動かして、歯垢を取り除きましょう。また、毛先がきちんと歯に届いているかを、鏡でチェックする事もオススメです。さらに、毎食後ブラッシングを行う事も、治し方としては重要です。

電動歯ブラシで歯周病を治す

ブラッシングに自信がない方は、電動歯ブラシを使って歯垢を取り除く方法も良いでしょう。電動歯ブラシなら、動きを気にする心配はないので、毛先をきちんと歯に当てる事だけに集中できます。また、出来るだけゆっくりと移動させる事で、歯の溝や歯と歯の間の歯垢もしっかり取り除けるので、歯周病の治し方として効果が期待できます。

歯周病を治すための歯磨き粉選び

最近では、歯周病予防を謳った歯磨き粉が手軽に購入できるようになりました。これらを使用するのも、治し方としてはそれなりの効果が期待できるでしょう。ただし、効果には個人差があるようなので、一度使って見なければわからない事がほとんどです。もし、歯科医師が推奨する歯磨き粉があるのであれば、それを使いましょう。

歯周病の治し方にレーザー治療

歯周病の治し方として、注目を集めているのがレーザー治療です。この治療法では、歯を支える組織の再生及び、歯周ポケットの封鎖が行えます。歯周ポケットは、歯と歯茎の境目にある溝であり、歯垢が溜まりやすい部分です。その為、放置しておくと、細菌が侵入してしまうので、封鎖するのが一番です。レーザー治療は、術後の回復も早く、出血もほとんどないので、かなり負担の少ない治し方と呼ぶ事ができるでしょう。

歯周病の治し方の基本はブラッシング

軽度の歯周病の場合、ブラッシングでも治療が行えると言われています。これほど簡単な治し方は他にはないでしょう。その為、まずは正しいブラッシングをマスターしましょう。また、定期的に歯科医に足を運ぶ事もオススメします。何故なら、定期的に足を運ぶ事で、検査や溜まった歯垢の除去を行ってもらう事ができるからです。歯科医は苦手という方が多いですが、30代を過ぎたら定期的に足を運びましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です