歯周病の薬-人間の歯周病・愛犬や猫の歯周病の薬について知りたい

歯周病 薬

歯茎が下がっていると、何と実年齢よりも9歳も老けて見えてしまうそうです。これは、30代から60代の女性で実施された調査によるデータです。歯茎が下がるというのは、歯周病の症状の一つです。その為、若々しい見た目をキープするには歯茎が下がらないようにする必要があります。

Q:歯茎が下がると他にどんな事が起きるの?
A:老けて見えるだけでなく、歯と歯の間が開いていきます。その上、分泌される唾液の量も減ってくるので、虫歯になりやすい状況を生み出してしまいます。その結果、歯を失うリスクが高くなります。

Q:歯茎を上げる事はできるの?
A:自分自身で上げる事は、まず難しいでしょう。その為、歯茎下がりが気になる方は、歯科医を受診する事をオススメします。

スポンサーリンク

歯周病の薬をチェックしよう

歯周病の市販薬

歯周病に効果的な薬は、市販されているので、手軽に購入する事ができます。ただ、薬と一言で表しても、様々なタイプが市販されており、歯磨き粉タイプ、マウスウォッシュのような液体タイプ、塗るタイプ、軟膏タイプ、錠剤などがあります。これらの中で、最も使いやすいと感じるものを試してみてはどうでしょうか。

歯周病の薬に抗生物質

重度の歯周病の場合、歯科医を受診すると抗生物質が薬として処方される事があります。抗生物質は高い抗菌作用を期待できる薬ですが、歯垢や歯石が残っている状態では、その作用も半減してしまう可能性があります。その為、歯垢や歯石をきちんと取り除いた状態で利用するようにしましょう。また、歯科医から処方された場合は用法・用量を守って服用して下さい。

歯周病の薬 ジスロマック

重度の歯周病に対して、効果が期待できるのがジスロマックと呼ばれる薬です。ジスロマックは、1週間から2週間高い抗菌作用を発揮してくれます。しかも高い抗菌作用を持ちながらも、副作用が少ないという点から利用されています。服用方法も、1日1回2錠を3日間続けるだけなので、継続しやすい薬と呼ぶ事ができます。

歯周病の薬の副作用

歯周病の治療で薬を利用する場合、副作用が気になる方も多いでしょう。確かに、下痢のような症状が起こるケースはあるそうですが、重篤な副作用を引き起こす心配はないと言われています。ただし、過去にアレルギー症状が発症した経験などがある方は、事前に歯科医に相談する事をオススメします。

犬も歯周病にかかる?

犬も歯周病にかかりますが、人間のように薬で治すという事は難しいのが現状です。その為、生後2ヶ月頃からしつけの一環として歯磨きを行うようにしましょう。そして、犬に対して歯磨きは楽しい事と思わせる事が予防に繋がります。なお、症状が進行してしまった場合は、動物病院でスケーリングやポリッシングといった処置を受けさせる必要があります。

猫も歯周病にかかる?

猫に対して歯磨きを行おうとすると、かなり嫌がられてしまうはずです。しかし、3歳から4歳になるとおよそ85%の猫が歯周病にかかっていると言われています。その為、飼い主は定期的に動物病院で、歯のチェックを行うようにしましょう。そして必要な場合は、歯のクリーニングを受けさせる事が大切です。効果的な薬などはまだありませんので、定期的なチェックが歯の健康を左右させると考えましょう。

歯周病は薬で治せる時代

歯周病を薬で治せるという事は、見た目年齢を気にする女性にとっては朗報です。しかし、一度治療したから二度と再発しないという事はありません。その為、定期的に歯科医に足を運んでチェックを行ってもらう事を、習慣付けるようにしましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です