質の良い眠り求める方におすすめ!木の天井が寝室での安眠を誘う

木の天井

一日のすべての日課を終えて、やっと寝室に入って眠る瞬間は、誰にとってもベストな時間のひとつですよね。寝室は、寝るための場所ですから、やはり落ち着いた色やインテリアにもこだわりたいものです。さらに、部屋全体で考えると、天井の色や素材にもこだわることで、睡眠ももっとスムーズにいくと思います。寝室の天井についても、やはり圧迫感がなく、気分がゆったり、リラックスできるような環境づくりが必要です。

Q:寝室の天井の素材は、どんなものがいいでしょうか?
A:クロスや木質繊維を基材をしているものが多いですが、自然志向の強い人はやはり木の素材がよいでしょう。

Q:寝室の天井に梁があると、圧迫感を感じるでしょうか?
A:寝室の天井に梁があって、特にその下が頭に部分にきていると、圧迫感を感じます。また、風水上でもあまりよくないようです。

スポンサーリンク

寝室の天井に木を使って安眠しよう

寝室の天井におすすめの素材

天井の素材は、耐火性、断熱性、また遮音性などの条件を考えて選ぶといいでしょう。この条件で探すと、木の素材は、断熱性と吸音性、また吸湿性にもすぐれていますので、特に寝室となりますと、寝ていても木の自然のぬくもりが効いていて、大変居心地よく眠ることができるでしょう。

また、色的には、暗い色を使用すると、圧迫感を感じます。濃い色は慎重に使ったほうがいいでしょう。また、木とひと口言っても、天然木のものから、スギや松、ヒノキ等を使っていたり、木を薄く切って、合板として貼り付けたり、あるいは木の目のプリント地を合板にしたものもあります。この中でも、天然木は、吸湿性や断熱性に特にすぐれています。さらに、これらの木素材に、消臭や抗菌の効果を加えて商品化しているものもあります。寝室の天井ですから、周りの音をあまり気にせずに静かな環境で眠れるように吸音性にすぐれた素材を選ぶようにするのもいいでしょう。たかが天井とは言っても、いろいろな要素を考えながら天井の素材を選ぶことです。

しっかり眠れる環境を整える

とにかく、しっかり眠れる環境これが寝室の第一の条件でしょう。それには、リビングなどの音が気にならない吸音性や、自然に囲まれたようにリラックスできる感じられる環境、夏も心地よく寝られる環境等、いくつか条件がありますね。また、天井の形状についても、梁があったり、ななめになっていたりするのも、眠りを妨げる原因です。寝室は、1日の3分の2を費やしていますから、やはりかなり重要な場所であるので、天井素材や色など慎重に選びましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です