新築一戸建てで困ってしまった…樹脂サッシの結露・劣化・交換

サッシ,結露,劣化

新築一戸建てでもサッシの結露・劣化してその後カビが生えてきたので交換という話しをよく聞くと思います。新築一戸建てなのに、サッシの結露で劣化して、カビどころではなく、ダニも発生する可能性もありますので交換することになります。これは、新築一戸建てでも、外気温と室内温度の関係で湿度が発生して、結露して劣化してしまうのです。こうなると、サッシを交換ということになるのですが、カーテンも清潔に維持するのも大変です。また、結局、サッシという窓の素材にも問題があり、結露して劣化してしまうのです。

スポンサーリンク

新築の樹脂サッシのトラブル

Q:サッシで結露・劣化がしにくいのはどんな素材ですか?
A:アルミの場合は、まず結露そして劣化がしやすく、そのためカビやダニの原因にもなります。最近では、樹脂サッシに注目が集まっていますが、樹脂サッシは結露がつきにくい性質をもっています。

Q:樹脂サッシは、他にどんな機能をもっているのでしょうか?
A:結露がつきにくいのと、断熱性である点です。ですから、夏は大変心地よくすごせます。

新築一戸建てで樹脂サッシの結露・劣化・交換においてアルミサッシと樹脂サッシを考える

これから、新築を考えているなら、まずこの違いを知りましょう。樹脂サッシとアルミサッシを電熱費で比べた場合、樹脂サッシのほうが省エネに適していて、節電効果が倍増します。また、断熱作用もあることで、室内も快適に過ごすことができます。

なにしろ、省エネは特に日本では真剣に取り組むべき課題ですので、これは注目すべき大きなポイントです。アルミサッシと樹脂サッシの違いで、熱量で比較した場合は、二重窓の内窓の場合、なんと74%近くもセーブできるようです。

さらに、あかちゃんやお年寄りがいらっしゃる家庭では、騒音もちょっと気になる点ですが、樹脂サッシは、遮音効果もありますので、サッシの取り付けを考えるなら、耐久性のある樹脂サッシがおすすめです。

今現在、多くの家屋でシックハウスと呼ばれる問題がたくさんありますが、樹脂サッシである程度のトラブルを防ぐことができるでしょう。そういった点を考えても、少しでも健康によい樹脂サッシの選択はかなり有益なものとなるでしょう。従来使用され続けていたアルミサッシですと、結露の問題のほかにも、いろいろと生活に不利益なことがあります。いつも心地よい温度を保って、毎日すっきり快適な生活を送るためにも、樹脂サッシを考えてみてはいかがでしょうか?

樹脂サッシは健康生活に欠かせない

毎日の暮らしは、やはり家庭から始まります。家庭、つまり家族それ自体が暮らす環境がすぐれていれば、家族も毎日気持ちよく暮らせます。つまり、それが家族どうしの幸福につながってゆきます。ところが、毎日シックハウスに住んでいては、その実現もむずかしくなります。樹脂サッシは、耐久性のほかにさまざまなすぐれた効果で健康な家庭のヘルプとなってくれるでしょう。心地よい温度が一定に保たれ、結露の心配がないので、ダニやカビも防げます。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です