子宮体がんの症状-閉経後だけじゃない、30代も子宮体がんに注意

子宮体がん 症状 原因

子宮体がんは、近年著しく増加しています。それは、現在の文化、社会によるものとも言えます。

スポンサーリンク

子宮体がんのQ&A

Q:子宮体がんが増加している原因はどんなものがありますか?

A:食生活の変化、晩婚化、少子化があげられます。

Q:出産経験と子宮体がんは関係しますか?

A:妊娠すると、プロゲステロンが分泌されます。しかし、妊娠経験がない人はエストロゲンが優位の時期が続くため、子宮体がんになりやすいといわれています。

子宮体がんの初期症状

子宮体がんは、子宮内膜の細胞が癌になります。発症年齢も40代~50代の閉経前後であり、女性ホルモンの影響を受けています。その為、初期症状として、不正出血が見られます。これは不妊治療を行っている女性にも見られます。

子宮体がんの症状の前兆とは?

子宮体がんは子宮の異常の為、月経過多または不正出血の前兆が現れます。また、乳がんの既往がある女性にも、高い確率で発症します。子宮体がんが発生する前には、子宮内膜増殖賞という症状が現れます。


子宮体がんの症状をチェックしよう

子宮体がんは、子宮の奥にできる悪性の腫瘍です。同じ子宮の中にできるがんでも、性質や治療法が異なるため、区別が必要です。また、ガンとしての自覚症状がないため、発見が遅れる恐れがあります。定期的に婦人科を受診し、チェックをするようにしましょう。

子宮体がんの症状と不正出血

子宮体がんは、女性ホルモンの影響を受けます。女性ホルモンであるエストロゲンは子宮内膜を刺激し、これにより不正出血が現れるのです。


子宮体がんの症状とがんのステージ

がんには症状に応じてステージがあります。さらに子宮体がんには、「手術進行期分類」と「臨床進行期分類」の二つあります。

手術による治療後は、手術進行期分類が適用されます。

全部で4つのステージに分けられ、さらに症状によって11に分けられます。

子宮を温存しながら治療している場合は、臨床進行期分類が適用されます。

全部で5つのステージに分けられ、細かい症状ごとに7つに分類されています。

子宮体がんの症状と腰痛

子宮内で胎児を包む場所を子宮体といいます。子宮体がんは自覚症状がなく、違和感があるころには進行している状態です。

違和感としてあげられるのが、腰痛です。

がんが進行し、骨盤内に広がると腰の神経を圧迫します。その為、腰痛や足の痛みがおこり、がんがリンパの流れを妨げると足がむくみます。

子宮体がんの症状と痛み

子宮体がんに自覚症状はありませんが、症状によっては下腹部痛、営み痛、排尿痛、腰痛が現れます。

しかし、子宮体がんは比較的進行が遅く、この痛みが現れるころには、がんはかなり進行しています。

子宮体がんという病気は…

子宮体がんは、子宮内の胎児が包まれる子宮内膜に発症し、エストロゲンが深くかかわっています。エストロゲンは子宮内膜の発育を促し、増殖します。その為、不正出血や月経不順といった症状があり、おりものの異常が現れます。

現代ならではの原因といえます

子宮体がんは女性ホルモンの影響をうけます。しかし、発症する女性の傾向を見ると、食生活の変化、晩婚化、少子化があげられます。もともと日本人と欧米人は、体内で消化する構造が違います。その為、油分や動物性脂質が体内で排出されません。

しかし近年は、食生活が洋食中心となりました。晩婚化、少子化も一人の女性が一生のうちに出産する回数が減り、エストロゲンが優位の女性が増えています。これらの要因により、子宮体がんの患者が増えていると考えられるのです。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です