子宮体癌体験者のブログ-子宮体癌を経験した芸能人・有名人ブログ

子宮体癌 ブログ

生涯で癌にかかる確率は、男性、女性ともに2人に1人といわれています。他人事のように感じますが、実はとても身近な病気なのです。最近では、テレビのニュースでは有名な芸能人が癌の報告をしている話を耳にします。しかし、子宮体癌を含め、癌を発症した芸能人すべてが末期を迎えたのではなく、克服している人も多くいるのです。

スポンサーリンク

癌のQ&A

Q:末期癌は克服できるのですか?

A:癌は免疫力が極端に低下している状態です。癌の治療薬との相性はありますが、共存して生きることも可能です。

Q:癌を治す治療薬はありますか?

A:癌の研究は日々進んでおり、目覚ましく発展しています。しかし、まだ「癌を治す薬」というものは認められていません。しかし、早期発見法が確立され、診断の正確性が向上している為、癌を治す薬ができることも期待できます。

子宮体癌で悩む女性芸能人・有名人も少なくありません!

子宮癌を患った芸能人は多く、克服された芸能人は数多くあります。

特に子宮頸がん、子宮体癌は癌の中のでも発症率が高く、インターネットで検索すると数多くの芸能人が癌になったのがわかります。

嬉しいことに、少しでも多くの方に知ってもらおうと、ブログで病気の経過を報告している方もおります。日常の中から突如癌に気づいた経緯、治療の様子、独自で行った療法など、克服までの道のりが事細かに書かれています。

その為、自身の現在の症状が気になり、婦人科を受診したことで早期発見できた女性、同じ病気を治療中で勇気をもらった方と、多くの方に読まれています。

ただ、みなさん共通して訴えていることは「早期発見の大切さ」です。「あの症状が出た時に病院に行っていれば」「定期的に病院に通っていれば」という後悔に近い想いが込められています。


癌は決して違う世界の病気ではありません

癌になる方に共通しているのが「まさか自分がなるとは思わなかった」という思いです。数字の統計上、癌の発症率は高く決して他人事ではないのです。

癌になった芸能人、有名人はブログで子宮頸がん、子宮体癌の体験談を掲載していますが、早期発見の大切さと癌との向かい方を伝えています。

実際に体験している経験者ならではの視点と、情報が満載です。

中には、辛い体験談も掲載されており、目を覆いたくなってしまいます。子宮体癌とはどんなものなのか、という知識の他に「もし自分だったら」と考えるきっかけにしていただき、定期的に体のメンテナンスを行うようにしましょう。

また、ご家族やお友達にきっかけとして話題にするのも良いですね。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です